マーガリンは危険なプラスチック?健康的な植物油というのはウソだった・・・

お役立ち


2倍のマイナス効果で心臓病のリスクを高めると警鐘を鳴らした。

 

それを受けてアメリカ政府の食品医薬品安全局も

トランス脂肪酸の摂取量を減少させることが

心臓病のリスクを低下させると発表して、

トランス脂肪酸の含有量表示を義務化することを決定した。

 

ニューヨーク市がすべてのレストラン、スーパーに

トランス脂肪酸を含む調理油を使用しないように呼びかけた。

 

ヨーロッパの各国ではそれ以前から

トランス脂肪酸の危険性が広く知られており、

加工食品の含有率規制も行われている。

 

人体はトランス脂肪酸を他の油脂と同じように処理しようとするが、

通常ではあり得ない分子構造のために

処理しきれずに体内に蓄積してしまったり、

悪影響を及ぼすことが様々な研究の結果でわかってきたことが、

世界中でのマーガリン規制(トランス脂肪酸規制)につながっている。

 

コレステロールのバランスを崩して動脈硬化などの

心臓疾患のリスクを高めるほか、

免疫力を低下させてアトピー性皮膚炎などの

アレルギーの原因のひとつとなることも指摘されている。

 

また、体内を酸化させてガンを発生させる原因にもなるともいわれている。

日本では野放しなトランス脂肪酸

スーパーなどで売られているからみんな買っているから大丈夫・・・

などとは思ってはいけません。

 

日本では、海外で禁止されているような危険なものを

知っているのに野放しにしている無責任な国です。

 

そんな国に住んでいる以上、

自分たちの体は自分たちで守る術を身に着けなければなりません。

 

知識がない状態で、何かの病気になったとしても

その原因が何なのかも理解できませんよね。

 

突然ガンや心筋梗塞などになっても、知識がなく、

マーガリンなどを取り続けていたとしたら、

まさかマーガリンが原因だなんて気づきもしませんよね。

 

原因はトランス脂肪酸だけではないにしても、

病気の原因になるものを知って、

避けるとまた違った結果が出るのかもしれません。

 

そのトランス脂肪酸を避けるには、

トランス脂肪酸が入っている食品を見分けることです。

 

まず外食などで使われる揚げ油など(フライドポテトなど)には

ほぼトランス脂肪酸入りの油が使われていることでしょう。

 

大手企業のスナック菓子(ポテトチップスなど)、パン、ケーキなど。

 

マーガリンやショートニングに限らず、

ほかの油であったとしても大手企業で使われている油は

トランス脂肪酸入りだと認識したほうがよさそうです。


1 2 3 4