マギー&横山健の『ゲス不倫』マスコミ沈黙のワケ。事務所もゲスいわ…

芸能


能年玲奈

能年は、レプロに無断で個人事務所を設立して、恩師とされる女性とともに同居生活を送っていたというニュースが流れました。

能年がレプロ社長・本間憲氏から冷遇されていて、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』出演時に、毎月たったの5万円しかギャラが支払われず現金すら持ち合わせていなかったという衝撃的な内容が報じられたのです。

あんなブレイクしたのに5万て…。酷すぎますよね…。

出版関係者によると、

レプロの高圧的なメディア対応は度々話題になっており、インタビューなど友好的な取材の現場にも上下黒スーツのコワモテな事務所関係者が立ち会うなど、非常にやりづらいことで知られています。

マネジャーやタレント本人でさえ、コワモテ男性の言うがままという状態になってしまい取材がまったく成り立たないということもしばしばなんだそうです。

こんな事務所なのですね。
事務所の力があるからこそ、マギーと横山の報道があまりされていないのでしょう。

このまま、マギーが芸能活動を続けることも本当にありそうですね。

問題の、マギーも横山も未だに何も口を開いていません。

結末がどうなるのか、予想もできないですね。
目が離せません!

関連記事

創価学会に入信している芸能人。今、人気のあの人まで!?


1 2 3 4