【都市伝説】マグロ女って知ってますか?マグロ漁船に180万で売られる女たちの末路・・・

マグロ女

都市伝説で聞いたことがある方も多いかと思います。

彼女たちは色々な事情からマグロ漁船に売られるのです。

ウソか誠か・・・


スポンサーリンク

マグロ漁船の都市伝説

漁師となればやはり陸にいる時間よりも

海にいる時間の方が長いですよね。

 

マグロ漁船などともなれば1年や2年は

帰ってこないなんてざらです。

 

きっとその間の漁師の性欲処理に女性が乗る!

という話を聞いたことがあるでしょう。

 

マグロ漁船に乗る女なので、

彼らはその職業をマグロ女と呼ぶそうです。

 

マグロ女の報酬は月に100万以上とも言われますが

本来、漁船には作業が出来ない人間が

乗ってはいけないことになっています(当たり前ですが)。

 

ましてや性欲処理のために女性が乗るなどというのは言語道断。

 

だから女を乗せる際は、 乗船登録せずに、

要するにこっそりとマグロ女が乗っていたそうです。

 

ですが、

マグロ漁船は海外の港に寄港することのある漁船。

乗船登録と船内の人数が合わないとなれば一大事ですよね。

 

マグロ女を解体・・・昭和の時代には存在した?

そこでどうするかというと、

マグロ女を文字通り解体するんです。

 

乗船登録もない「いない」はずの、

漁船にマグロ女として乗るような人生を歩んできた女を

大海原のど真ん中に捨てるわけですから、

犯罪がバレる心配もないわけです。

 

今もマグロ女が乗っているかどうかは分かりませんが、

昭和の時代には存在していたそうですよ。

 

そして、

もうすぐ船が戻るというある日

船長が3人を倉庫から出してきました。

 

また公開レイプでもするのかと思っていると

その日は様子がおかしかったのです。

船の上では狂宴がなされていた・・・

なんと、小学生くらいの女の子に

魚を解体するときのナイフを突きつけていました。

 

もしや…と思うと

船長は彼女のはらわたにナイフを刺し、

すばやく腹を裂きました。

 

すごい泣き叫ぶ小学生、

その声で先ほどまでまったく喋らなかったほかの女も

反応して大声で泣き叫びました。

 

船長は小学生の腹に腕を突っ込みながらこう言ったそうです。

 

「この瞬間のために,こんな生臭い仕事をしてるんだ」

 

そのあと,残りの2人も酷い殺され方で死に,

死体というか肉片はすべて海に撒かれたそうです。

彼は最後のその狂宴には参加できなかったそうです。

 

ただ吐きまくって、

今までしたことへの贖罪だけをつぶやいていたそうです。

 

次の日は出港した日のように、

まさに何事もなかったかのようだったそうです。

 

倉庫もきれいに片付いていて夢だと思ったくらいだそうです。

 

しかし、陸に着いた時、

彼は最後の仕事だと言ってある男に

金を渡すことを頼まれました。

 

彼がその場所に行くと

あの1年半前にケースを渡してきたおの男がいたそうです。

 

そして、

渡された封筒に入った金をその男に渡すと

男は金を数え終わるとこういいました。

 

「あれは上物だったろう?東京で拾ったんだ.

昔は下手すると捜索願とか出されてたけど,

今はその点は安心だからね.

まあ,今はお得意さんはあんたのとことあっち系の人だけだからね,

 

じゃ,また来月も持ってくるけど3でいいんだね?

もう少し若いのがいいかな?」

 

彼は言葉を濁しながらも、

そのままその場を後にしたようです。

 

そして、

彼は二度と乗りたくないと思いましたが

知ってしまったため乗らないわけにはいかず

わざと事故ったそうです。

 

しかし,

船が出港する前に彼はいなくなりました。

 

その船はまだ戻ってきていませんが

きっと彼はその船に乗っていないんでしょう。


スポンサーリンク

こんな噂も・・・

夜遅くにいるナンパ待ちや家出中の少女。

893たちが優しく声をかけ、車に乗せる。

 

事務所に向かい、脅して女たちを縛りドラム缶に入れてマグロ漁船に乗せる。

漁船側からは女ひとりにつき180万支払われる。

 

元手はゼロなのだから美味しい商売だ・・

 

漁船が港に漁から戻ってくるころには女たちは消えている。

何もなかったかのように。

 

遠洋でドラム缶ごと沈めて帰ってくるのだ・・・

事実、日本では年間数百人から数千人の

未成年女性の行方不明者がでているそうです・・・。

 

うーん。ほんとかうそかわからないけど、

怖い話ですね・・・


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 【実話】ヤクザの怖い話。組長の娘に手を出した結果、生き埋めに・・・。