「恋のマイアヒ」が大ヒットしたO-Zoneの結末が意外すぎるww


空耳で面白おかしい日本語に聞こえると言う理由から日本でも大ヒットした「恋のマイアヒ」

そのアーティスト「O-Zone」意外すぎる結末を迎えていました。


スポンサーリンク

恋のマイアヒ

ヨーロッパを始めとした世界各国で人気の曲となり、本来ルーマニア語で歌われているにも関わらず、日本語に聞こえる空耳を題材にしたフラッシュムービーが2chを筆頭に大流行し、空前の大ブームとなった「恋のマイアヒ」。

その動画がコチラ

確かに(意味不明な文脈ですが)日本語に聞こえますね!笑

コチラを歌っていたのが「O-Zone」と呼ばれるアーティストグループ(3名)。

「O-Zone」というグループ名以上に先行して日本中で有名になった「恋のマイアヒ」ですが、なんと2005年7月27日、日本における洋楽作品としては史上初の「着うた」100万ダウンロードを達成するほどの勢い!


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

「恋のマイアヒ」が大ヒットしたO-Zoneの結末が意外すぎるww


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image