「恋のマイアヒ」が大ヒットしたO-Zoneの結末が意外すぎるww

空耳で面白おかしい日本語に聞こえると言う理由から日本でも大ヒットした「恋のマイアヒ」

そのアーティスト「O-Zone」意外すぎる結末を迎えていました。


スポンサーリンク

恋のマイアヒ

ヨーロッパを始めとした世界各国で人気の曲となり、本来ルーマニア語で歌われているにも関わらず、日本語に聞こえる空耳を題材にしたフラッシュムービーが2chを筆頭に大流行し、空前の大ブームとなった「恋のマイアヒ」。

その動画がコチラ

確かに(意味不明な文脈ですが)日本語に聞こえますね!笑

コチラを歌っていたのが「O-Zone」と呼ばれるアーティストグループ(3名)。

「O-Zone」というグループ名以上に先行して日本中で有名になった「恋のマイアヒ」ですが、なんと2005年7月27日、日本における洋楽作品としては史上初の「着うた」100万ダウンロードを達成するほどの勢い!

その後は400万ダウンロードまで伸び、日本レコード協会によると2010年時点では日本で最もダウンロードされた着うたとして伝説を残している。

伝説の曲と言っても過言ではないほど有名になったこの曲ですが、アーティストの「O-Zone」はどうなっていたかというと、、、

O-Zoneの活動期間

O-Zoneの簡単なプロフィールがコチラ

ジャンル エレクトロニカ ユーロダンス
活動期間 1999年 – 2005年
レーベル ユニバーサル

ちょっと待って!?

活動期間「1999年 – 2005年」!?笑

そうです、日本でブームになり始めたのが2004年の後半から、、、

その翌年(2005年)の10月には解散してしまっているのです、、、

解散が発表されたのが2005年の1月だったのですが、その後に日本でCDのリリースがあったためこの事実は伏せられていたそうです。

日本でのブームが最高潮になっているときには、なんと解散が決まっていると言う状態だったんですね、、、

コチラの解散の原因がメンバーの一人が勝手な行動を取り、残りの二人がそれに対して猛反発。

結果、O-Zoneを解散させる決定をしたそうです、、、

人知れず曲だけが有名になりましたが、アーティストの方がこんな結末を迎えているなんて予想もできませんでしたね、、、


スポンサーリンク

ネットでの反応

  • いつの間にかいなくなったと思ったらそんなときに解散してたのかwww
  • これ歌っとけばOK的な風潮あったよな、、、盛り上がってる間に解散してたか、、、
  • 一発やすぎると思ってはいたが、そんなことがあったなんて、(;・∀・)

グループで活動しているいじょう、衝突があっても仕方ないと思いますが、まさか、ブームの時期に消えているなんて思いもしませんでしたね。


スポンサーリンク

関連記事

いきものがかりが『放牧宣言』で解散?休止?放牧の意外な意味とは

「恋のマイアヒ」が大ヒットしたO-Zoneの結末が意外すぎるww


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!