小2女児の江東区マンション飛び降り事件、加害女児親に賠償命令

小2の女児が上級生の女児に脅され飛び降りた

江東区マンション飛び降り事件

加害女児親に賠償命令が言い渡されました!


スポンサーリンク

加害女児親に賠償命令

東京都江東区のマンション(高さ約26メートル)で

2013年、小学2年生だった女児(当時8歳)が、

上級生の女児の命令で屋上から飛び降りて重傷を負ったとして、

被害女児と両親が加害女児の両親に計3000万円の損害賠償を求めた訴訟で、

東京地裁は19日、両親が監督義務を怠ったとして、

慰謝料など約1025万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

脅され飛び降りて重傷

小野瀬厚裁判長は、

「上級生の女児には以前から下級生に暴力をふるうなどの問題行動があったのに、

両親は専門家に相談するなどの対応を十分に取らなかった」

と指摘した。

判決によると、2013年1月、

当時四年だった少女は校門前で

縄跳びを振り回していた女児を注意。

 

面識はなかったが、

さらに説教をしようとマンション屋上に誘い出した。

 

女児は

「飛び降りないと殺すぞ。ここから落ちて死んでしまえ」

と言われて手すりを乗り越えて飛び降り、

木や水槽にぶつかりながら約二十六メートル下に転落、

足や胸の骨を折るなどの重傷を負った。

厳しい判決?

判決理由で小野瀬厚裁判長は、

少女が事件後に発達障害の一種である

アスペルガー症候群との診断を受けたことを挙げ

「他者が思い通りに動かないと怒りを強く抱く傾向があった。

両親はこうした傾向を踏まえて専門家に相談するなどの対応が不十分だった」と指摘した。

 

 

少女には聴覚障害があり、

両親は「親子で聴覚障害専門のクリニックを訪れ

トレーニングを重ねるなど、養育に力を注いできた」

として監督を怠っていないと主張した。

 

小野瀬裁判長は両親について

「少女が問題行動を起こさないよう、相当の努力を払ってきた」

と認める一方、

両親が少女を叱る際に平手打ちをしたことがあったとして

「体罰的な注意を伴っていたため、

少女の傾向を発見するのが難しくなっていた」と主張を退けた。

 

少女については

「当時十歳で、死ぬことの重大性が理解できていなかった」

として責任能力はなかったと判断した。

スポンサーリンク