「マリーナ・ベイ・サンズホテル」がガタガタで今にも崩壊しそう・・・

シンガポールの観光名所

マリーナ・ベイ・サンズホテルが傾いていると話題に!


スポンサーリンク



マリーナ・ベイ・サンズとは?

シンガポールのマリーナ・ベイに面した

総合リゾートホテルのことです。

 

ラスベガスのカジノリゾート運営会社

ラスベガス・サンズによって開発され

2010年に開業したシンガポールの象徴的ホテルと言われております。

 

marina_bay_sands-560x420

 

象徴的なホテル3棟の上にはおよそ1ヘクタール(10000㎡)の

空中庭園「サンズ・スカイパーク」があり

シンガポールを一望出来る展望台として観光名所にもなっています。

 

屋上にプールも設置されており

世界一高い場所にあるプール(地上200メートル)と謳っています。

 

item_1-thumbnail-carousel-img-740-416

 

そのシンガポールの象徴が最近傾き始めたと噂になっております。

それがこの画像

 

tyonn

 

確かに言われてみれば傾いているようにも見えます。


スポンサーリンク



このホテルの建設ををしたのは

韓国の双竜(サンヨン)建設という建設会社。

建築家はモシェ・シャフディ。

 

韓国の建設といえば手抜き工事の噂が絶えません。

 

実際に韓国の

聖水大橋(ソンスおおはし)

 

img_2

 

三豊百貨店(サムプンひゃっかてん)

 

ebe70ec9

 

手抜き工事により崩壊しております。

 

tyonn

 

この上にある、右側の建物は最高52度の傾斜もあるそうです。

イタリアのピサの斜塔は傾斜角5.5度なので

それの10倍近くも傾斜があることになります。

 

t-dscn1378

 

それを考えるとどれだけ無茶苦茶な作りをしているのか

不安になりますね。

 

日本の建築会社(清水建設)や、

世界有数の建築会社は

「安全の保証ができない」と拒否し、

韓国の双竜(サンヨン)建設が受注したという逸話があるほどです。

 

それだけに不安ですよね。

 

半分本当!?

マリーナベイサンズホテルが傾き始めているという話は

実は見た目だけの話だけではなく

どうやら半分は本当のようです。

 

なぜなら、設計図の時点で傾いた設計をしていたようで

傾いた設計図の通りに建設したからだそうです。

 

その様な設計で建設したため

傾いているかのの調査はしていないようで

「分からない」というのが本当の答えだそうです。

 

元々傾いた設計をしていたとは言え

韓国の建築のよくない噂が絶えない以上

怖い話ですよね。

 

ネットでの反応

・韓国はなぁ。橋だって、崩壊したし。

 

・最初から傾いた設計とは驚き!

 

・設計通りに、建設したんだよ!

 

・安全上の保証が出来るのかな?

 

最初から傾いた設計だったのが、

マリーナ・ベイ・サンズホテル。

 

韓国企業が建設を担当をしたので

心配がつきませんが

手抜き工事でないことを祈りたいです。


スポンサーリンク