マルハニチロの缶詰に金属片混入も回収が神対応だった


今月4日にマルハニチロのさんまの蒲焼き3種類

計約2779万個を回収することを発表しました。

回収理由は金属の破片が見つかり

異例の対応をしたため話題になっています。


スポンサーリンク

さんまの蒲焼き回収の真相

ことの発端は

セブン&アイ・ホールディングス向けに

製造された商品の購入者が金属片に気づき

苦情の電話でしたようです。

 

いずれもグループ会社の釧路工場で製造されたもので、

見つかった金属片の大きさは17ミリでした。

 

調べによると、

その金属片は焼き網の一部とみられています。

 

また、この商品の製造ラインには

X線異物検出器を導入していたようですが、

設定ミスで10ミリ以上の異物は検出できない設定


1 2 3

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

マルハニチロの缶詰に金属片混入も回収が神対応だった


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image