マルハニチロの缶詰に金属片混入も回収が神対応だった

今月4日にマルハニチロのさんまの蒲焼き3種類

計約2779万個を回収することを発表しました。

回収理由は金属の破片が見つかり

異例の対応をしたため話題になっています。


スポンサーリンク



さんまの蒲焼き回収の真相

ことの発端は

セブン&アイ・ホールディングス向けに

製造された商品の購入者が金属片に気づき

苦情の電話でしたようです。

 

いずれもグループ会社の釧路工場で製造されたもので、

見つかった金属片の大きさは17ミリでした。

 

調べによると、

その金属片は焼き網の一部とみられています。

 

また、この商品の製造ラインには

X線異物検出器を導入していたようですが、

設定ミスで10ミリ以上の異物は検出できない設定

になっていたという。

 

異物混入の可能性のある対象商品

マルハ さんま蒲焼(かばやき) 100グラム

(賞味期限2016年12月1日から、18年5月1日までのもの)

 

マルハ 北海道産さんま蒲焼 秘伝つけ焼き 100グラム

(上と同じ期間)

 

セブンプレミアム さんま蒲焼 100グラム

(賞味期限16年11月12日から、

18年5月14日までのものと、19年6月17日のもの)

 

缶詰全回収

今のところ

食べてけがをしたといった被害情報は

寄せられていないということです。

 

ですが、マルハニチロでは

この工場の同じラインで製造した3種類の缶詰

およそ2779万個を回収することを発表しました。

 

商品の返品を着払いで受け付けていて、

後日、代金をプリペイドカードで支払うということです。

 

ネットでの反応

・2779万個www

 

・え、大丈夫?倒産しない?

 

・はごろもとの違い

 

・一番有名な缶詰めじゃねーかw

 

・金網がそんだけ欠けてたら気付くだろ普通

 

・サンマの骨が喉に刺さったことがあったけど、

金属片だったら恐怖だわ

 

とんでもない回収量になっており、

これだけでも数十億円の損害になります。

 

倒産に追い込まれないと良いのですが…


スポンサーリンク



関連記事

⇒ ツナ缶にゴキブリ!はごろもフーズが事実を公表しなかった理由