マテ茶と温かい飲み物に発がんリスク!国際がん研究機関が発表!危ないのはコーヒーじゃなかった!

お役立ち


リスクの高さに応じて「グループ1(発がん性あり)」から

グループ4(発がん性なし)」に分類しているが、

これが発がん性や発症率の高さを意味しているわけではない。

新たにリスクありとされたのは、南米でよく飲まれている

「マテ茶」と「65℃以上の温かい飲み物」で、

IARCの発表では、どちらもマウスやラットを使った

限定的な実験で、食道がんとの関係が示唆されている。

 

コーヒーのリスクも、

温度によって異なっていたことを見落としていたとしており、

温かい飲み物は温度が上がるほどリスクが上昇するとされている。

マテ茶は温度に関係なく、リスクが上昇するという。

 

ただし、一連の発表に対し、

米国立衛生研究所などの研究機関は


1 2 3 4