マツコ・デラックスがTBSと絶縁?怒らせた二つの理由

images-1

マツコ・デラックス

TBSに絶縁状を叩きつけたと話題になっている。

今回はマツコ・デラックスがTBSに

激怒した二つの理由を紹介します。


スポンサーリンク



マツコ・デラックスがTBSと絶縁

MCを務める人気番組

『マツコの知らない世界』の年内いっぱいの放送を最後に、

自ら降板を申し出たというのだ。

 

TBSで唯一、出演していたのがこの番組でした。

高視聴率が取れる優秀コンテンツだっただけに

局上層部は大騒ぎになっているようです。

 

激怒した理由

これまで蜜月関係を保ってきたTBSに対し、

突如反旗を翻した理由の1つ目は

先頃報じられた訴訟事件だという。

 

2月にミニチュア玩具を扱った特集で、

バツイチ女性が出演。

その際に元夫について語ったのだ。

 

「元妻は男性との離婚について

『結婚してから生活費を一切もらえなかった』

 

といった発言してしまいました。

 

ffa1d910-s

 

ところが、その後

この元妻の発言の大半がウソであることが判明し

元夫から名誉を棄損されたと

TBSが約1100万円の慰謝料などを請求される

裁判を起こされてしまった。

 

直接、マツコに害はないが、イメージは急落。

この一件でTBSに対する信頼感をなくし

苛立ちを募らせているようです。

 

2つ目の激怒させた理由

さらに、マツコを激怒させる出来事があったという。

TBSでいくつもの番組を抱える放送作家が証言する。

「同じ事務所の先輩で、

敬愛してやまない“くりぃむしちゅー”の有田哲平が

TBSから惨めな扱いを受けたことに怒っているんです」

 

実は、マツコのトラブルと並行し、

有田もTBSと揉めていたのだ。

 

すべての始まりは、有田がMCを務める

『ご対面バラエティー7時にあいましょう』の打ち切り問題。

 

年明け1月から、TBSの肝いり番組

『結婚したら人生劇変!○○の妻たち』が始まるのだが、

なんと有田を降板させ、

代わりにみのもんたの起用が決定した。

 

元々いわくつきの番組だった

『ご対面バラエティー7時にあいましょう』は

いわくつきの番組なんです。

 

前番組の『私の何がイケないの?』から一緒に司会をしていた

江角マキコが降板した際、有田も『降りる』と言った。

 

だが、TBSサイドは

 

『新番組は有田さんのための有田さんによる番組。

あと10年お願いします』

などと言われ、口説き落とされたんです。

 

今回も、9月の段階で番組継続を公言していたが、

6月に編成部長が代わったとたん、

一方的に番組打ち切りが決まってしまった。

TBSの二枚舌と誠意ない態度に怒り心頭なんです」

 

損害額は数十億円?

TBSは短い期間に視聴率が取れる

人気タレント2人を一気に失おうとしている。

 

「損害額にして数十億円の損失に近い。

マツコのギャラは1本160万円~、有田が180万円~。

ギャラは高いが、スポンサーが付くんです」

 

ネットでの反応

・マツコどうこうとか関係無く番組が訴えられてる時点でアウト

 

・マツコって大手事務所じゃないんだ

売れたのは実力か

 

・みんもんたを使う時点で終わったじゃん

 

・本当はネタ切れで終わるだけのことだろ

 

TBSの未来は暗い?


スポンサーリンク



関連記事

⇒ TBS特番で未解決事件の犯人が自首!犯人はまさかの人物だった・・・