松嶋菜々子と反町隆史の子供は超エリートだった!?2人の教育方法がすごすぎる!!!

waranotate_matsushima_main

女優の松嶋菜々子が久々に

連ドラに出演し話題を呼んでいますが、

子供たちの夏休み中は仕事をセーブしいていたのに

なぜ今年はお仕事に復帰したのでしょうか?

そこには、驚きの事実が隠されていました。


スポンサーリンク



3年ぶりの連ドラ主演

30004219

7月21日スタートのドラマ

『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)

に出演している松嶋菜々子(42才)。

連ドラ主演としては3年ぶりで、出産と育児休暇を経て、

職場復帰する広告代理店の元売れっ子クリエーティブディレクターという役どころだ。

 

「当初の予定よりクランクインがずれ込んでしまったので、

かなりハードなスケジュールで撮影を進めています。

時には早朝から夜遅くまでかかってしまうこともあるんですが、

疲れを見せることなく現場ではいつも笑顔ですよ」(ドラマ関係者)

 

松嶋菜々子は出産後、子供たちの夏休み中の仕事を極力セーブしてきた。

結婚前から出演するドラマシリーズ 『救命病棟24時』(フジテレビ系)は特別だが、

新規の連ドラ出演は一切断ってきた。

 

「夏休みにはしっかりと子供と一緒に過ごしたいからと、

その一線は絶対に守ってきました。

『救命~』には出演していても、

撮影は夏にかからないように調整する徹底ぶりでした。

だから業界ではこの時期に新規に連ドラ出演の依頼をするのは

“タブー”だと認識されていたほどです」(ドラマ関係者)

 

その“タブー”が今年初めて解禁されたから

「何があったのか」(前出・ドラマ関係者)と話題になるのも当然だ──。

 

 

仕事を選んだ理由は!?

2001年に反町隆史(42才)と結婚、2人の娘たちは今年それぞれ12才と8才。

これまでは家族との時間が最優先の夏を過ごしてきたのに、

なぜ今年は仕事を選んだのか。松嶋の知人が明かす。

 

「お子さんたちが成長してあまり手がかからなくなったというのもありますが、

バリバリ働ける時に頑張って教育資金を蓄えたいという考えもあるようです。

なんでも、娘さんたちを

世界最高峰といわれるイギリスの名門バレエスクールに留学させたい

と考えているみたいですよ」

 

ホームページを見てみると、全寮制の同スクールは学費や寮費だけで年間400万円。

これに衣装代や備品代、日用品代などがかかるという。

 

「現在、娘さんたちは都内の名門私立小学校に通ってますが、

それに加えて黒木瞳さんや君島十和子さんもお子さんを通わせた

都内の有名バレエスクールでレッスンの毎日なんです。

加えて、留学に向けて月5万円ほどする英語塾にも在籍してるそうです」(前出・松嶋の知人)

教育熱心で知られる松嶋は、自身も母に厳しく躾けられてきた。

 

松嶋さんのお母さんがかなり厳しく、言葉遣いや挨拶、

お箸の持ち方といったマナーはもちろんのこと、

お菓子の包み紙は畳んでから捨てるとか、

ちょっとした所作や身だしなみをたたき込まれて育ったんです。

 

当時は反発することもあったようですが、

大人になっていかに大事なことだったかを実感した。

娘さんたちにはバレリーナになってほしいというより、

バレエが躾の軸になると考えているようですね。

 


スポンサーリンク



どの名門私立小学校!?

no111

松嶋菜々子さんは子育てに、とても熱心で計画性も持っているママだそうで、

沙都ちゃんが産まれてほどなくして様々な英才教育をしてきたのだそうです。

その中でもプレスクールと呼ばれるお受験のための学校にも熱心に沙都ちゃんを通わせ、

一説によると年間の教育費が数百万だという噂もありました。

そこまでして松嶋さんが沙都ちゃんを入学させたかった学校というのが、

慶応幼稚舎だったんですね。

 

慶応幼稚舎というのは、「幼稚舎」という名前ですが小学校で、

その歴史とユニークで自由な教育方針と「慶応」というブランド力で、

セレブママたちに絶大な人気を誇る学校です。

長らく「お受験の最高峰」と呼ばれている慶応幼稚舎は、

いわゆるお金持ちの子息が入る学校としても有名で、

実際にどのくらいの費用がかかるのか調べてみました。

 

すると、2013年から同じ付属小学校として慶應義塾横浜初等部が新設されていまして、

こちらはザックリ言うと勉強をさせる小学校で、

本家の方は勉強は家庭の責任で学校では個性を育てること重視という、

もうなにがなんだか庶民にはサッパリ分からない方針が立てられていました。

 

それぞれの初年度の授業料は、慶応幼稚舎は154万円に対し、

勉強を教える慶應義塾横浜初等部が186万円だそうです。

差額32万円は、塾に通わせる費用と思っていいのでしょうか?

 

 

入学までの経緯。結果は・・・

けれど慶応幼稚舎と慶應義塾横浜初等部が凄いのは、入学するまでの経緯にありました。

なんと「裏金」や「コネ」が当たり前で、まず寄付金に数千万円が相場で、

「コネ」は同学校卒業者が直系家族に何人いるか?ということらしいのです。

なんだかクラクラしそうな世界ですが、裏を返せば

「幾ら寄付金を積んでも、どこの馬の骨とも知れない子供は入学させません」

ということでしょうか。

松嶋・反町夫妻は、その牙城を目指したというわけですね。

 

そして、気になる結果なのですが、

長女の沙都ちゃんはあえなく惨敗に帰してしまいました。

 

けれど松嶋さんは諦めず、長女の沙都ちゃんを

東京女学館小学校へ見事入学させることができたのです!
東京女学館中学・高等学校の付属の小学校で、

お嬢様学校としては皇族出身者もいるほどの名門校なのです。

それだけに学費も非庶民的で小学校から高校までの12年間で、

1人2千万円はかかるそうで、これにさらに寄付金が必要となります。

そしてその気になる金額ですが、東京女学館小学校の寄付金はひと口25万円で、

最低10口以上が暗黙の了解となっているようです。

 

これは子供1人分の金額だけでも相当ヤバイですが、

松嶋菜々子さんは次女の麻耶ちゃんも東京女学館小学校に入れて、

今では姉妹揃って通学しているそうです。

 

 

さすが大物俳優同士の夫婦なだけあって、

子育てもそうとうビッグなんですね。

今後の動きにも注目です。


スポンサーリンク