May J.の現在。TVから消えた真の理由と現在が悲惨すぎる・・・

あの人は今


May J.TVから消えた真の理由をご存知でしょうか?そして現在が、悲惨すぎると超話題になっています。納得できる理由が判明し、May J.は世間からの嫌われ者になってしまいます……。


テレビから消えたMay J.、嫌われる理由は?現在何してるの?

歌手のMay J.(28)が最近、テレビやメディアにパッタリ姿を見せなくなった、そのことに関しては皆さんもご存知ですよね?

May J.さん(@mayjamileh)がシェアした投稿

2015年の紅白歌合戦でもその姿はなく、今年に入ってから「一発屋だった」という声がいろんなところでチラホラ聞こえるようになっています。彼女の近況を追ってみると、驚愕な事実が明らかになりました。

平成の歌姫、May J.のプロフィール

名前:May J(メイジェイ)

本名:橋本芽衣(はしもと めい)

出身地:神奈川県

生年月日:1988年6月20日

所属事務所:rhythm zone

日本人とロシア系の血をひくイラン系の母親の間に生まれたMay Jは、顔もキレイに整ったハーフアーティスト。芸能界デビューは、テレビ朝日「関ジャニの仕分け∞」で、カラオケ得点がヤバく、”歌姫”として注目されました。

驚異的な得点を叩き出し、その後、様々なカラオケ番組で引っ張りだこな存在に!容姿もとても美しく、音楽の才能を持っていたことから、イベントやラジオなど幅広く活躍が期待されました。

が、しかし……。

実は嫌われ者!?May J.が消えた理由は”オリジナル曲”がないから

音楽の才能を開花させ、アーティスト活動を続けていくのか?と思われていましたが、ここ最近テレビで見るのがすくなってきましたね。あれだけ期待されていましたから、意外にもヒットしなかったのがびっくりだったのでしょう。

May J.さん(@mayjamileh)がシェアした投稿

なぜ、歌も歌える、モデル顔負けの美しい容姿を持ちながらも芸能界から干されてしまったのでしょうか?

それには深い深い理由が判明しました。

①オリジナル曲はやっぱりダメ?May J.アナ雪も否定

ディズニーのアニメ映画『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go?ありのままで?』をカバーで一躍流行に乗ったMay J.。しかし、劇中に流れたのは松たか子の『Let It Go』でした。

May J.さん(@mayjamileh)がシェアした投稿

2014年は各所で同曲を歌いまくって注目を集め、同年の紅白にも出場しましたね。その後、映画の人気が静まるとともに尻すぼみ。

2015年も2月には7thシングル『ReBirth』を、夏場にはディズニーと再びコラボして8thシングル『Sparkle~輝きを信じて~』を披露するなど、懸命に活動を続けていました。

しかし2015年11月には、森永製菓のPRイベントに真っ赤なドレスで登場し、報道陣から「紅白に出たいか」と問われて、顔をこわばらせるほど歌手活動が低迷していたのです。

これら一連の流れを受け、「レリゴー」が流行った当時から「代表曲がカバー曲のみだ」などと批判を浴びていたが、今や「消えた」「ありのままの姿も見えなくなった」「本物の一発屋」という声が少なくないのです。

②芸能関係者から嫌われている?!

2016年の27時間テレビで「本気カバーFNS歌謡祭」という番組に出演し、May Jはそこで「嘆きのボイン」を選曲(笑)意外なコミックソングを選曲したことで世間から「え!?」「ハレンチ!」と批判が殺到したのです。

あの美声で歌う「嘆きのボイン」は見事な出来ではありましたが、このカバー曲に対してさすがに芸能関係者の評価はイマイチでした。

「落ち着いて考えるとただの有名人のカラオケ大会です。FNSが満を持した歌謡番組で『嘆きの──』に続いて『ドンキホーテのテーマ』ですからねぇ。情けなくてテレビのスイッチ切りましたよ」

上記のコメントは、あるレコード会社幹部がMay Jに対して批判したものです。まじで呆られちゃっていますね……。

May J.の現在の活動状況

バラエティ番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』の企画「珍コーナー!朝までハシゴの旅」で、大学生を相手に尾崎豊の『I LOVE YOU』を歌う“神対応”を見せたと一部で話題になることもあれば、今年5月にはタレントの宮澤エマ(27)とともにバラエティー番組『あいつ今何してる?』に出演した際には学生時代の友人の動向に一喜一憂。

May J.さん(@mayjamileh)がシェアした投稿

しかしどれも単発仕事で自身の曲を歌うことはなく、チラホラ顔を出す程度で終わっています。

また4月には情報番組『ノンストップ!』に出演し、過去に散々「カバーソングばかり」と非難されたことに対して
「乗り越えていかなければいけない」と決意をにじませていたものの、「被害者ヅラ」などと一部で炎上しました。

今月3日には、デビュー10周年記念ライブの東京公演を行なったが、会場は収容人数2千人弱の中野サンプラザと、元・紅白歌手にしては少し寂しい状況。

元々ニッチな需要しかない歌手がたまたま一時期ブームに乗っただけと言われているので今後カバー曲に頼らず活躍を見せてほしいところだが……。

【衝撃画像】May Jの現在の姿にビックリ!顔も劣化していた

衝撃をうけるのはまだ早すぎる!May Jは芸能界から消えた後、メディアに出る機会が減ったためなのか、顔も劣化していました。まぁ、デビュー当時も28歳とアラサーでしたからね。

その衝撃画像がこちら。

 

あれれ?ん?確かに、顔がもうおばさん化しちゃっていますね〜。

特に気になるのが「ほうれい線」と「まぶた」でしょうか?顔全体ボコボコしていて、もう劣化が恥まちゃっています。ちょっと化粧も厚塗りで、すっぴんになったらすごくヤバそうな感じがしますね(笑)

「カバーソング」芸人に留まるか?どうなる?!May J

「『レリゴー』は需要がなくなり、カラオケバトルを展開していた『関ジャニの仕分け∞』も2015年3月に終了という悲しすぎる結末に……。

すっかり姿を見なくなりました。オリジナル曲も一定の評価を受けていますが、『ありのまま』のヒットに比べれば微々たるもの。

本人もこの状況を打破しないといけないと分かっているようですが力弱く、“カバーソング歌手”のレッテルを剥がせず迷走しているようです」こうなればもう、開き直って新たなカバーソングを求め、ディズニーにお百度参りをして復活を図るのも一つの手かもしれない。

伊東美咲の現在の姿に驚愕。芸能界復帰しない理由はコレだった