東大首席のエリート美人はいつも1番…結婚無理w経歴見てヒクわ

東大法学部首席卒業→財務省→弁護士→ハーバード留学の山口真由さん、33歳の現在も独身で焦っていると発言、話題になっています。

そりゃそうやろ!・・その巻き髪からして完璧すぎでひくわww



スポンサーリンク

東大エリート美人の悩み

才色兼備、出来すぎる女にも悩みがあるんですね・・山口 真由さんの苦悩をまずはお読みください。

「飛べないハードルはない!と思ってきたけれど」

このたび、連載をさせていただくことになりました。まずはご挨拶と自己紹介をさせていただきます。

私は、東京大学を卒業して、財務省で働いて、それから弁護士になって、その後、ハーバードに留学をして、昨年に日本に帰ってきた。

そして、未婚のまま、今度の誕生日で34歳を迎えようとしている(笑)。

さて、私自身、20代から30代前半にかけて、とにかく目の前の仕事に追われていた。

受験戦争を勝ち抜いてきた優等生にとっては、何事も「きちんとやらなきゃ」と思ったし、それでも自分の能力をはるかに超える量の仕事が降ってきたし、なによりも精いっぱいだった気がする。

でも、それ以上に、ちゃんと恋愛をして人生のパートナーを見つけようと一生懸命頑張った20代、30代のはずだった。

いつか結婚するものと信じていたけれど、「ああ、私、結婚しないまま34歳になるんだ」と思ったとき、ふと、そうか、もしかしたら、私この先ずっと一人なのかもしれないと、思いついた。

これから先、結婚することがあるかもしれないけど、それはラッキーくらいに思わなきゃいけなくて、基本線として

一人で生きていかなくてはならないと思ったときに、私はなんだか、どうしようもなく寂しくなってしまった。

別にここまでの人生を後悔しているわけではないし、これからの人生も精いっぱいやりたいと思っているし。

でも、自分の家族を持てないかもしれないということは、なかなかつらい。

私は、いつ、どうやって、こんな人生を選んでいたのだろう――

人生の折り返し地点が見えてきた今、それを振り返ってみなきゃ。

そして、この機会に、私と私のまわりのハイスぺ女子たちが、どうやって生きてきて、どうしてこうなってしまって、そして、これからどうやって生きていくのかを考えてみたいと思いついた。

それが、この連載をはじめようと思ったきっかけである。

・・うーん、時代なんですかね。

実は90年代までは、東大女子も専業主婦になる方が多かったんですよ。


スポンサーリンク

高学歴女はなぜ結婚しにくい?

「1990年代の初めごろまでは、東大女子の悩みは『働くべきか、働かざるべきか』だったといいます。

でも、2000年代に入ってから、その問いは完全に姿を消して、『いかなる働き方をするべきか?』に変わっていったのです。

つまり、東大女子に働かないという選択はなくなっていったのでした。

90年代初めまでの高学歴女子

実はこの頃まで、同じく偏差値が高い男子学生と結婚しちゃう人が多かったんですよ。

自分より下の人と結婚したくない・・ならば学生時代に捕まえた良い男とゴールインしてしまう・・手っ取りばやい方法ですね。

高学歴の男性側も結婚して専業主婦になってもらいたい、だって稼いでこれるもん!という感じです。

しかし、専業主婦になる選択は2000年代以降なくなり、働くことが当たり前になっていきます。

なぜでしょうか?

最近の高学歴女子

この頃から高学歴女は一般職ではなく、総合に配置されるようになります。

企業は、男と同じ条件で競争出来る、総合職の女性を少しずつ増やす方向に変わったのです。

そして今まで真面目に勉強してきた彼女たちはボロボロになりながらも、それを真面目にこなしていきます。

しかし、比較的良い仕事にありつける高学歴男は稼いできますから、そんな女性は必要ないわけです。

そんないい男が選ぶのは、少し品のいいお嬢様たち。

彼女らは、高学歴女が一生懸命勉強してきた頃、自分磨きをしてきました。そんな彼女たちに高学歴女が勝てるはずないんですよね。

高学歴女の心理

基本的にどんな女性でも、社会一般で「優れている」と認められている人と結婚したいものですよね。

特に受験勉強のような競争を勝ってきた高学歴女は、その辺の「勝ち負け」には非常に強いこだわりがあるようです。

しかし、先ほども説明しましたが・・残念ながら自分より学歴が高い男性とすんなり結婚できるかと言うと無理。

でも、学歴が低い男も許せない方が非常に多く妥協がなかなできないんですね。

なぜなら、それは彼女たちの人生そのものを否定することになるからです。

彼女たちは親の期待、先生の期待に答えるため、同級生の女が男遊びに勤しんでいる間、Z会の速読英単語など地道に勉強していた人たち。

そんな彼女らからしたら、軽蔑していたバカ女が食い散らかした後の2級品男と結婚だなんてプライドは保てるでしょうか?

要は・・プライドが邪魔しているということでしょうww

プロフィール

山口 真由(やまぐち まゆ、1983年 7月6日生 )

日本の弁護士、タレント、元財務官僚。東京大学法学部卒業。北海道出身。

札幌市生まれ。両親と妹は医師。幼いころから常に成績優秀。

入学した東京大学では法学部→3年時に司法試験→翌年には国家公務員I種に合格。

学業成績は東大4年間を通じてオール優で、
4年時には「法学部における成績優秀者」として総長賞を受け、2006年3月に首席で卒業

同年4月に財務省に入省。その二年後2008年に退職し、弁護士登録後長島・大野・常松法律事務所にて弁護士として勤務。

現在は弁護士として活動するかたわら、タレントとしてテレビ番組にも出演している。 2015年夏からハーバード大学に留学。

・・・スゲエwww・・・そして、この経歴見ただけで・・近寄りがたい・・


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 東大生の強制わいせつ事件で露呈した「ヤリサー」の実態。【勘違いエリートの末路】

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

東大首席のエリート美人はいつも1番…結婚無理w経歴見てヒクわ


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!