目の錯覚を利用したおもしろ画像。なんじゃこりゃ!?

人の目というものは騙されやすいものです。

その1つが錯覚

みなさんにはどのように映るでしょうか。


スポンサーリンク



目が錯覚する画像

驚きと一緒に面白さも感じる錯覚。

楽しみながら見てみてください。

 

■AとB、違う色に見えるけど

真ん中を指で隠すと・・・

 

0530_12

 

そのまま見ると、

Aが黒色、Bが白色です。

しかし、真ん中を指で隠してみると

同じ色に見えるのです。

 

■どっちのオレンジが大きい?

 

sakkaku_001

 

周りの丸の方が小さい、

右のオレンジの方が大きく見えませんか?

 

実は、同じ大きさなのです。

 

sakkaku_002

 

■回転して見えますよね。

でも、1つの丸だけ見てみると・・・。

 

sakkaku_003

 

■真ん中の丸を見つめてください。

 

sakkaku_004

 

周りの丸が消える!?

 

■2色にしか見えません。

ところが。

 

sakkaku_05

 

■普通に眺めてから、

真ん中の十字を凝視すると・・・。

 

sakkaku_006

 

緑の丸が見えてきませんか?

さらに見続けると、消えるのです。

 

■コロコロ転がるタバコの長さ。

 

sakkaku_007-1

 

実は同じ長さでした。

 

sakkaku_007-2

 

違って見えるけど、

同じ大きさ・長さというものは多くあります。

 

こちらもそうです。

 

450x589x53e415aa1230c306c832f7b7

300x390x4909a18f772e64cee5ec730a

300x450xa2e2c3885c4788c8ed65c372

 

人の目というのは、本当に面白いですね。

 

あまり見すぎて気分が悪くならないように

気をつけてください。

 

錯覚するわけは?

目の錯覚が起きる原因は、

主に脳にあると考えらえています。

 

目で物を見ているように感じますが、

実際は目から入った情報を脳で知覚するため

見ることが出来るのです。

 

脳は、目から入った情報を

そのまま受け取るのではなく、

必要な補正を施し、見え方を調整します。

 

この補正によるズレが原因となり

目の錯覚が起きるのです。

eye-brain_01-700x440

 

また脳だけでなく、

目が原因で錯覚を起こすことも。

 

補色残像という現象がこれに当たります。

 

補色残像とは、強い光を見た後に、

目を閉じても光の形が残って見えるような現象のこと。

光の刺激を受けることで、

異なる色の形を作り出す目の性質により起きるのです。

 

このように目の錯覚は、

脳や目の機能が原因と言われますが

まだわかっていないものもあります。

 

また、すべての人に起こるものでもないです。

特定の図形では、

錯覚が起きないことがあるのです。

 

錯覚が起きないからと

言って病気というわけでもありません。

 

個人差があるものなので、

個性の1つと考えるといいかもしれないですね。

 

錯覚でわかる性格診断!?

今、目の錯覚で性格診断ができるアプリも出ています。

 

ただ見るだけでなく、

根拠も載っているものもあり

「面白い」

「楽しい」

などと話題になっています。

 

ここで1つ、診断してみましょう。

この画像の女の人は、

どっちに回ってますか?

%e7%9b%ae%e3%81%ae%e9%8c%af%e8%a6%9a

 

これは右脳と左脳、

どちらで絵を見ているかがわかるのです。

 

時計回りに見えるのなら、右脳

反時計回りに見えたら、左脳

 

右脳→直感、衝動、感知、空間、冒険

左脳→論理、知識、実践、言葉、数学

これらを主に司っていると言います。

 

どうですか?

当てっていましたか?

 

他にもいろいろあるようなので、

興味のなる方はやってみてください。

 

友達同士でやってみても

楽しいと思いますよ。

 

ネットの反応

・幻想とは違うのだ!

 

・錯覚するのは正常な感覚の持ち主

 

・人間の目は当てにならないなぁ


スポンサーリンク



関連記事

 

⇒ 【驚愕の事実】親指と小指くっつけて手首に腱が浮かぶとヤバイ?

 

⇒ 両手の親指に息を吹きかけると凄いことになる(詳細画像あり)