結末が意外すぎる迷宮入り事件4選


これらの迷宮入り事件の結末が

すべて予想できたらあなたは天才です。

予測のつかない意外な展開をみせた難事件を紹介します。


スポンサーリンク

2600回を超えるイタズラ電話の真犯人

公衆電話

マサチューセッツ州ビレリカに住む

ドナ・グレイビールは無言電話に悩まされていた。

 

ベルが鳴って受話器を取ると、相手は何も喋らない。

 

電話が切れると約90分ほど経ってから

また同じ電話がかかってくる。

 

彼女が一つ気になったのは

電話が切れる際、

必ず空気の吹き出すような妙な音が聞こえたこと。

 

この不気味な無言電話が始まって6ヶ月ほど経ち、

電話の回数も2600回を超えたとき、

ついに彼女は警察に相談する。


1 2 3 4

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
hayashimedhia@gmail.com

結末が意外すぎる迷宮入り事件4選


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!

footer-image