【マイクロソフトの入社試験】三角形の面積を求めよ。超一流企業の簡単すぎる入社試験(これはやられた!)

21174_main

この問題が出されたのは

世界的な大企業、Microsoftの入社試験

 

これが解けた方はMicrosoftに入社できる?



スポンサーリンク




世界中から優秀な学生が集まる試験で出されたこの簡単に見える問題。

三角形の面積の求め方は

 

底辺×高さ÷2

ですよね。つまり

 

10×6÷2=30

なぜこんな簡単な問題がでるのか不思議に思いつつ、回答した学生たち。

しかし、試験官からの答えは不正解!

日本であれば小学校でも習うこの問題、一体どこが違っていたのでしょうか!?

試験官が学生に伝えた答え、それは

こんな三角形は存在しない

 

一体どういうことなのでしょうか?

 

問題の手書きで描いた、いびつな三角形をわかりやすく図にすると、

このようになります。

21174_09

この三角形の頂点をズズッと動かして上に持っていくと、

こんな直角二等辺三角形ができあがります。

21174_07

円形の直径は『10』なので半径は『5』ですよね。

21174_08

そして直角二等辺三角形なので、

自動的に点線の箇所も『5』ということに。

21174_06

直角二等辺三角形である以上、この点線は『5』以上にはなりえないのです。

つまり、問題にあった『6』という数字はありえない数字。

そのため、「こんな三角形はありえない。問題がおかしい」が正解ということになるんですね。

 

「面積を求めよ」という問題に対して答えが「ありえない」。

ちょっとずるい気もしますが、常識にとらわれず、おかしい部分に気付き、正しく指摘できる頭の柔らかい人が欲しいということなのでしょうか。

 

すぐに答えが分かったあなた!

機会があったらマイクロソフトの入社試験、挑戦してみてはいかがですか?


スポンサーリンク