ミムラ、絶頂期に2年間休業の理由と元旦那の事件が絶望的・・・

ミムラが消えた?干された?理由は?

人気女優だった絶頂期に2年パッタリと姿を消し、
さらに、その後も2年ほど、あまり露出がありませんでした。

実は、こんなヤバイことが起こっていたんです。



スポンサーリンク

ミムラの順風満帆だった芸能生活

2003年、フジテレビの月9ドラマ史上初のヒロイン公募オーディションにおいて1万人以上の応募者の中から選ばれ、『ビギナー』で女優としてデビューを飾る。

デビュー後はテレビドラマや映画への出演のオファーが相次ぎ、翌年にかけて 『FIRE BOYS ~め組の大吾~』、『離婚弁護士』と3クール連続でドラマ出演し、『海猫』で映画初出演。2005年には『着信アリ2』で映画初主演を務めた

当時の月9の主演は大物俳優の誰もが憧れており、
当然、ミムラさんへの注目度は異常なほどでした。

月9主演でデビュー後は、怒涛の勢いでドラマや映画の主演をつとめ
CMにも多数出演、皆が羨むポジションに簡単に上り詰めたのです。

しかし、一気に人気女優に上りつめた、その絶頂期に彼女は2年間の休業をします。
一体、何があったのでしょうか?

ミムラ、休業の真相 “空白の2年間”を激白

映画『彼らが本気で編むときは、』で子供を置いて家出をしてしまう母親を演じ、
新境地に挑んだ女優のミムラ(32)。

近年、ますます精力的な活動を見せる彼女だが、
一度は自分の未熟さから芝居の世界を離れたいと思った時期もあったという。

当時、いきなり月9で主演デビューというプレッシャーの中、撮影現場で抱いた違和感とは?
今だから語れる「約2年間の休業」の真相、そして再出発を決意した気持ちの変化を赤裸々に語った。

2003年、フジテレビ系の月9ドラマ「ビギナー」で主演に大抜てきされたミムラ。
演技経験のなかった彼女は当時、自分の置かれた状況をのみ込めずに苦しんでいた。

「自分より上手な女優さんがたくさんいるのに、わたしなんかがなぜ、こんな大きな席にいるんだろう……業界のイロハもわからず、当時はものすごく違和感があって、ずっと『誰かのカバン持ちがしたい』(演技の現場を別角度から見て勉強したい)と思っていた」
と述懐する。

「演技はもとより、ちょっとした写真撮影も、インタビューの受け答えも、全てがダメで。自分が本当にこの仕事をできる人なのか、一度問いただしたいと思い、(事務所の)社長に『辞めさせてください』と伝えたんです」
と当時を振り返る。

ところが社長は
「演技は好きなんでしょ? たぶん戻ってくると思うから休んでおいで」
とミムラの席を空けながら、そっと背中を押してくれたという。

そして2006年末、女優活動を休業。映画や芝居を観たり、本を読んだり、一人旅も経験。
その中であることに気付いたという。

「わたしの場合、いきなり“内側”からお芝居に惚れたけど、休業して“外側”から惚れることができた。お客さんの視点から観ると『お芝居ってこんなに面白いんだ』ということがあらためてわかった」
と声を弾ませる

「あんなに幸せな場所を用意していただいていたのに、何を怖がっていたんだろう」
そう思えるようになったミムラは、再デビューのつもりで一から出直したという。

「あの頃の葛藤や経験が本当に役に立っている。
こんなにお芝居が好きな人はいないだろうっていうくらい、今はお芝居が好き」。

・・いやいや、こんな良い話だけではないのです!!


スポンサーリンク

原因は元旦那?詳しく検証

ミムラさん、実は復帰後の最初の2年ほどは露出が少ししかありませんでした。
原因は、2010年に離婚した旦那様にありそうです・・・

元旦那様は有名な指揮者

金聖響さん、在日韓国人3世の気鋭のイケメン指揮者
クラッシク好きならこの方を知らない人はいないですよね。

ミムラさんとは映画 での共演をきっかけに2005年春より交際し、
2006年に14歳の年の差婚でをします。

しかし、互いの仕事が多忙なことによるすれ違いを理由に2010年に離婚

離婚理由の一つは、
金聖響さんがベルギーのフランダース交響楽団主席指揮官へ就任することになったからとのこと。

仕方ないですね・・・

しかし離婚後、金聖響さんの借金や金銭トラブルを週刊文春がスクープ!
ミムラさんとの間にも金銭トラブルがあったのでは??と報じられた。

慰謝料がない円満離婚と言われていましたが・・金聖響さん、
とんでもない!、相当イタイ男だったのです。

元旦那様・・200人から2億の借金??

なんと!!

金聖響さん、あの佐村河内 守が作曲したと偽っていた
「交響曲第一番HIROSHIMA」の全国ツアーでメイン指揮者だったのです!

そして・・

「佐村河内守」の名を利用して寸借詐欺まがいの借金を繰り返していた

らしいのです!!!
佐村河内守さんよりひどい人見つけました・・wwwwww

「ここ数年は、借金と女グセの悪さで周囲に呆れられています。
楽団員、関係者、そしてファン……。
誰彼かまわず借金をし、返済滞納を繰り返しているんです」

「週刊文春」が確認した金聖響さんからの借金懇願のメールには、

『HIROSHIMAのツアーのギャラがもうすぐ振り込まれるから、
それまで30でも50でも無理ですか?本当に困ってます』などと書かれていた。

その結果、芸能人、一般人含め計200人から2億の借金をしたという。

「俳優の織田裕二さんや大泉洋さん、乙武洋匡さんやピアニストの山下洋輔さん、
2013年に亡くなられた、笑福亭松喬さんにも借りていました。

織田さんや山下さんには既に返済が済んでいるといいますが、
まだ一銭も返ってこないと言っている“有名人”が山ほどいます」

実は

ミムラさんの貯金4000万も使われていたと週刊誌に掲載

復帰後の2010年だけドラマ出演が減ったのはこう言った身内事情があったからでしょう。

金聖響さんの反応

金聖響氏さん本人は無言を貫いているようですが、
金聖響さんの父親が

「残念だし申し訳ないと思いますけど、何とも致しかねます。返済は絶対させます!」

と答えたらしいので、借金は事実。

当の本人は評判が落ちに落ち、悪評となり、
今では指揮者としての仕事が激減しているそうです。

ミムラの反応

金さんとは結婚してから2年間で離婚を意識し、
さらにそこから2年間の冷却期間をおいて離婚しています。

金さんとの結婚はミムラさんからの猛アタックで口説き落とし、
一時は周りに、「女優廃業し、金さんのそばにいる」と言っていたとのこと。

そう簡単にサヨナラできるわけありませんよね・・

『離婚後は体調を崩すほど苦しみましたが、再婚して精神も安定しました』

彼女が休養や出演が減った年は、いろいろな考えや、苦しいことがあったからで
決して干されたからではなかったんですね。

現在のミムラ

2年間の休養期間を経て、2008年に『斉藤さん』(日本テレビ)で芸能活動を再開。
2010年の離婚の年は露出が少なかったものの、

最近では、映画『彼らが本気で編むときは、』で子供を置いて家出をしてしまう母親を演じ、
精力的な活動を見せています。

ホッとしました!!

プライベートでは、2013年に40代の自営業を営む一般男性と約1年半の交際を経て再婚!
今の旦那様は「俺物語!!」の猛男似とのことで、
↓こちら

ミムラさんがおっしゃる通り、日本男児!!wwwwwww

最近では仕事もプライベートも順調のようですし、
今度こそ幸せになってほしいですね。

プロフィール

芸名:ミムラ
本名(旧姓):小暮里江(コグレリエ)
生年月日:1984年6月15日
出生地:埼玉県深谷市
血液型:B型
身長:167cm
職業:女優・エッセイスト
趣味:読書
所属:スターダストプロモーション


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 意外⁈アスペルガー症候群だといわれている芸能人5名がこちら…