美輪明宏の心に響く名言集 ※人生に行き詰まった人向け

未分類 芸能


シンガーソングライターやタレントとして活躍し、独特のオーラをはなっている美輪明宏。

過去には自身が同性愛者であることを告白したり、生々しい内容が描かれたシャンソンを歌唱したことで、世間からバッシングを受けたり、理解してもらえなかった時代があるなど、

まさに激動の人生を歩んできています。

そんな人生経験豊富な美輪明宏が話す説得力があって心に響く名言をご紹介していきたいと思います。

心に響く名言で有名な美輪明宏

1935年5月15日生まれ現在83歳の美輪明宏ですが、激動の人生を歩んできていることで知られています。

長崎県長崎市出身の美輪明宏は自身が10歳のときに戦争を経験していることも有名です。

とくに、長崎市に爆弾が投下された際はその中心地から4キロの場所に自宅があったのだとか。

しかし、美輪明宏自身は無事だったといいます。

そんな美輪明宏が音楽の道を目指すきかっけになったのは、ボーイソプラノ歌手として活躍していた加賀美一郎に衝撃を受けてのこと。

国立音楽大学付属高等学校に入学したものの、家庭の事情により学校中退を余儀なくされました。

そんな美輪明宏に転機が訪れたのは、彼が17歳のとき。

銀座のシャンソン喫茶で“美少年募集”という張り紙を見かけ歌手デビューへの道がひらけます

その後順調にシャンソン歌手として活動していたものの、同性愛者であることや、生々しい内容のシャンソンを歌唱したことで、世間から反発を食らってしまうことに…。

美輪明宏は誰からも理解されず、レコードすら発表できないという不遇の時代が続いてしまうのです。

しかし、今では独特のオーラを放つタレントとして歌手活動や人生相談など、様々な分野で活躍しているのです。

こんな風に激動の人生を歩んできた美輪明宏からは、心に響く名言が出てくると最近では話題に。

それではさっそく、美輪明宏が残している名言について探っていきましょう。

【現在】山川恵里佳が美輪明宏をハゲと呼び、旦那おさるとの関係が悪化…

人生相談ラジオも手がける美輪明宏の心に響く名言集


1 2 3