南野陽子が悩みを明かす。他の50代ではあり得ないその悩みとは?

女優の南野陽子が普通の50代では考えもしないであろう悩みを語りました。

南野陽子だからこそ抱えるコンプレックスとは一体何だったのでしょうか?


スポンサーリンク

南野陽子の悩みが一般人からしたら贅沢だった


女優の南野陽子がもうそろそろ50歳を迎えるにあたっての悩みを明かしました。

普通の50代からしたら絶対に有り得ないであろう、南野陽子だからこそのコンプレックスがなんと、、、

もっと老けて見られたい、、、

普通の助成だったら少しでも若く見られたいと思うはずが、南野陽子はその真逆、、、

若く見られる分にはいい気もしますがどうしてそんな悩みを抱えてしまったのでしょうか?


スポンサーリンク

年相応に見られたい、南野陽子のコンプレックス


彼女が年相応に見られたいと思うことにはしっかりとした理由が有りました。
その理由が、、、

「お芝居でお母さん役をやりたい」

若く見える女優でなければ生まれない、なんとも彼女らしい悩みですね、笑

年齢より若く見られがちな彼女は今年で50歳を迎えるというのに、30代の役が来ることもあり、実年齢と離れた役どころに付くことを流石に考えてしまうそうです。

そのようなキャピキャピした役よりは家でつまみ食いをしているお母さんの芝居をやりたいという思いがあるのに、その仕事は来ないのだとか、笑

いくらずっとお芝居をやっていても実年齢とのギャップがある役だと疲れてしまうんですね。

しかし若かりし頃の彼女の活躍を思い出すとやはり制作側も華やかな役柄を上げたくなってしまうのではないでしょうか?


今回の悩みに対して彼女は

50歳代はやり過ごす


と語り、仕事のペースも落ち着かせることを考えているそうですが、私達からしたらいつまでもキレイな彼女の活躍を見ていたいですよね!笑

逆にいつまでも若く元気でいたいと思う女性はこちら
オノヨーコが認知症で車椅子生活。若い頃の強烈な男性遍歴のツケか…

スポンサーリンク
記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

南野陽子が悩みを明かす。他の50代ではあり得ないその悩みとは?


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!