戦争目前!?北朝鮮がミサイル発射!核実験もありえる状況に…

北朝鮮がとうとうやらかしました!本日の朝に弾道ミサイルを発射したのです!!一体何が目的だったのか?いろいろ憶測飛び交い、非難殺到

さらに怖い事実も想定されます…



スポンサーリンク

日本海に向けてミサイルが…

本日5日の午前6時42分ごろ、北朝鮮が東部の新浦(シンポ)あたりから、日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射したと韓国軍合同参謀本部から発表があったのです!

ミサイル発射

ミサイルは発射地点から約60キロメートル飛行しました。

そして、ミサイルが落ちたのは、日本の排他的経済水域内ではないと推測されています。

・・・怖いですね。
日本の地域内でなくてまだよかったです。

今後どんな動きをするのか分からないので、恐怖心は煽られますが…。

今回のミサイル発射の狙いは、6日から北朝鮮対応を主要議題に行われる米ミサイルか中首脳会談をけん制する狙いなのではないか?と言われています。

今までもミサイル発射で批判されていたのに、こりないんですね。。。

いつになったら、こういうのはなくなるのでしょうか。

安倍首相の思考

このことに対し安倍晋三首相は、5日午前に

「重大な挑発行為であり、断じて容認できない。強く非難する」

このように述べ、北朝鮮を非難しています。

安倍首相

そして、政府は北朝鮮に対して北京の大使館ルートを通じて厳重に抗議しているようです。

また安倍首相は、

「(北朝鮮による)さらなる挑発行為の可能性は十分考えられる」

としており、米国や韓国との連携を強める方向を表明しました。。

それに先立ち、
情報収集、分析を行い、国民へ正確な情報を早く提供する。
・航空機や船舶の安全確認の徹底
・不測の事態に備えて、万全な体制を。

この3つを指示したようです。

確かに正確な情報が無いままじゃ、安心できないですからね。

情報操作などが行われることなく、自分のもとに伝わってきたらいいなぁ、と思います。


スポンサーリンク

アメリカVS北朝鮮も間近!?

アメリカの対応はさらに過激!

トランプ米大統領は同会談を控え、

「中国が北朝鮮問題を解決しなければ我々がする」

と単独行動を辞さぬ構えに言及しています。

このような発言を受け、牽制のためにミサイルを発射したんじゃ…?とも考えられますよね。

北朝鮮は、トランプ政権発足後もミサイルで挑発する構えを変えていないのですから…。

また、北朝鮮にある核実験場の指揮施設に70~100人の集団が確認されるなど活動が活発化しているようなのです。

そのため、6回目の核実験が近いかもしれない、と考えられています。

北朝鮮は、最高人民会議を今月11日に。
故金日成(キム・イルソン)主席の誕生日にあたる15日も国を挙げて祝う方針です。

なので、それ以降、つまり15日以降に核実験が行われても不思議ではない状況。

いつ戦争が始まってもおかしくないのかもしれません。

恐ろしいですね。

ネットの反応

・どこへたどり着くのか 自分でわかってるのか?

・北朝鮮にミサイル試し撃ちされ、米国も射程に入ってるとか言われればそりゃ米国だったら先制攻撃するだろ。もう戦争は始まってるぞ

・米国を甘く見てうかつな挑発するとイラクと同じ末路が待つわけだが、米国主催の北朝鮮の兵殺戮ショウは勘弁

・マヴェーよ。。 米韓vs北朝鮮ありえるよ。。

今後どう動いていくのか、常に情報を仕入れるようにしていったほうがいいでしょう。

何も起きないことが1番いいのですが…。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 海外もビビった日本と北朝鮮工作船との銃撃戦。『日本とは争うな』

戦争目前!?北朝鮮がミサイル発射!核実験もありえる状況に…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!