中絶した胎児を冷蔵庫に放置した19歳少女…詳細がヤバすぎた…

国内ニュース


宮崎県に住む19歳少女が中絶した胎児を冷蔵庫内に放置したとして逮捕されました!

彼女に一体何があったんでしょうか?


中絶した胎児を冷蔵庫に放置した19歳少女

事件として発覚したのは2016年12月20日。

宮崎県宮崎市の病院で、妊娠4ヶ月で中絶した男児の遺体を、
親族が働く同市の飲食店内にある、業務用冷蔵庫に保冷バックに入れて遺棄していました。

その保冷バックを親族が発見したことから、2017年1月25日に通報し事件が発覚。
同月28日に少女を任意同行し、事情を聞いている中で逮捕となりました。

死亡した胎児の扱いについて

扱いに関しては、妊娠満12週前後で対処が変わります。

妊娠満12週未満の場合

妊娠満12週未満で中絶された胎児のことを、中絶胎児といいます。
法律的な規制はなく、一般廃棄物として処理される場合が多いです。
海外では先端医療に使用されることもあります。

妊娠満12週以降の場合

妊娠満12週以降における死児(12週目以降は死児と呼びます)の出産を死産と言います。
死産の場合は届出が必要で、原則、父母が7日以内に市町村長に届け出る義務があります。
また、医師又は助産師は死産証書又は死胎検案書を作成する義務もあります。


1 2 3