水口病院で無資格医師が新妻を死亡させる。違法な人工中絶が明らかに

水口病院の無資格医師が中絶手術を行い、女性を死亡させると報道されました。なぜこのような悲劇が起こってしまったのでしょうか。詳細をまとめました。



スポンサーリンク

水口病院で新婚わずか8日の女性が死亡

東京都武蔵野市の水口病院で医師が妊娠中絶手術を行っていましたが、手術を受けた女性(23)は6日後に亡くなった。死因は急性うっ血性心不全でした。

しかし今回話題となっているのは妊娠中絶の手術は無免許の男性医師が手術を行なっていたということです。

死因のうっ血性心不全の原因

■心臓の機能に問題がある場合
・急性心筋梗塞・狭心症
・心臓弁膜症
・不整脈
・心筋症

しかし、死亡した女性は心臓疾患はなく、心臓の機能に問題ない方の原因にあると思われます。

■心臓の機能以外に問題がある場合
・高血圧症
・甲状腺機能亢進症・バセドウ病
・貧血

手術後のため、高血圧か貧血でうっ血性心不全になった可能性もありそうです。

水口病院の無資格医師はどんな人物?

中絶の手術をする資格を持たないまま治療にあたり、患者の女性を亡くしてしまったという医師。
しかし、警察の情報では「中絶手術と女性が亡くなったこととは何も関係性が見当たらなかった」という発表しています。

1-4

この無資格医師は10月付で退職しており、本名や写真などは公開されていません。しかし、今後警察の捜査が進むにつれて事態が変わってくる可能性もありそうです。


スポンサーリンク

水口病院側は法律違反と認識していた

日本の法律上、中絶手術を行うには母体保護法指定医という資格が必要ですが、この医師はその資格は持っていなかった。ただ、現状では人工妊娠中絶手術と女性の亡くなられた因果関係は不明とされている。

しかし、問題のなのは因果関係というわけではなく、資格がないにも関わらず手術を行ったこと。これは明らかに法律違反であり、業務上堕胎罪にあたる可能性もあるとされている。

さらに、水口病院側は担当医師に資格が無かった事を把握しており、法律違反であると認識もしていた。
問題の医師は今年5月から9月までこの人工妊娠中絶手術を12件ほど執刀していました。
その為、水口病院は十分な経験があるとコメントしています。

死亡した被害女性

亡くなった被害者の女性は顔写真が公開されています。

higai

higai2

被害女性は23歳で、亡くなったのは結婚してからまだ8日目の新婚だったようです。
夫の男性は結婚して間もなく違法な人工妊娠中絶によって妻を失い、悲しみに満ち溢れた様子だった。

chuuse

被害女性が中絶を行なった理由

今回の被害女性は結婚してわずか2日後に中絶手術を受けていました。なぜ夫婦になった直後に中絶していたのでしょうが?

理由は稽留流産で、胎児が十分に育っていないため、やむなく中絶という道を選ばざるを得なかったようです。

中絶といっても、一般的にイメージする「いらないから堕ろす」ということではありません。中絶というのは、人口中絶だけでなく流産・死産も含む言葉だそうです。

ネットでの反応

・水口病院の事件、色んな意味で凄く胸が痛い。無知な人達が「新婚のくせに中絶するなら避妊しろ」とか意見してるけどそうじゃないよ。産みたいのに赤ちゃんが育ってなくて、その場合は赤ちゃんを手術で取り除いてあげないといけないの。そんな手術、誰しも望んで受ける訳じゃない。事情があるんだよ…

・妊娠したら、ここも良いと思っていたけど今回の事故を聞いて絶対に行くのをやめた!

・ほんとかわいそすぎて言葉が出ない。

結婚して8日後になくなってしまったなんて、本当にとても痛ましい事件です。旦那さんの気持ちを思うとやりきれない気持ちになります。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 横浜市大口病院の殺人事件の犯人は看護師か医師。犯行内容がヤバすぎる・・・。

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

水口病院で無資格医師が新妻を死亡させる。違法な人工中絶が明らかに


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!