【画像】観月ありさが旦那のフェラーリ王子に溺愛されて幸せそう……

芸能


2015年、女優の観月ありさが結婚。

旦那は、4歳年上のフェラーリ王子こと、青山光司という人物だそうです。

人気女優・観月ありさのハートを射止めた青山光司ってどんな人物?観月ありさの旦那の仕事や学歴、幸せそうな結婚生活について調べてみました。

観月ありさの旦那、「フェラーリ王子」こと青山光司って何者?

『ナースのお仕事』『鬼嫁日記』をはじめ、数々のドラマで主演を務めてきた女優・観月ありさ。

整った顔立ちと、股下84cmで8頭身という抜群のスタイルで、女性からも男性からも人気のある女優ですよね。

そんな観月ありさが、2015年に結婚を発表。

相手は青山光司という人物で、年商150億円とも言われる建設関連会社「KRH株式会社」の社長なのだそうです。

観月ありさと青山光司のツーショット画像がこちら。

若々しい雰囲気でイケメンですね。

社長といっても一般人なのに、女優である観月ありさと並んで見劣りしないのがすごいです。

その容姿と、超高級車フェラーリを何台も持っていることから、「フェラーリ王子」というニックネームでも呼ばれています。

観月ありさの旦那・青山光司の学歴がすごい

観月ありさの旦那・青山光司は、年商150億円の会社社長ということで、良い大学を出ているのかなと思いきや、意外にも中卒なのだとか。

高校には進学したそうですが、中退してしまったのだそうですよ。

なぜ社長になれたのかというと、もともと青山光司の父親が会社を経営しており、それを青山光司が引き継いだということです。

父親から会社を引き継いだ青山光司は、事業の拡大に成功し、やり手社長として世間に名が知られるようになりました。

観月ありさの旦那は、経営者としてかなり優秀な人物のようですね。

観月ありさの旦那は上原さくらの元旦那


1 2 3