とうとう大手携帯会社がピンチ!?原因は今話題のアレだった…


近年、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯通信会社が販売面で苦戦していると話題になっています。

その理由がこちらです。



スポンサーリンク

「実質ゼロ円販売」の終了

2016年4月、総務省がスマホ販売に関するガイドラインを打ち出しました。

その内容とは「実質ゼロ円販売」
(2年間の利用を前提に端末代金と同額の料金を値引きする)が事実上できなくなったというものです。

”本体代は2年使い続ければかからない”というよくあるやつです。

本体代だけでも2~5万するものがあり、本体がかからないというと魅力に感じますが、
実際は毎月の料金を高額にすることで本体代まかなっていたようなものですね。

販売自体が難しくなっただけでなく、
最近では安価な月額料金でスマートフォンが利用できるようになりました。

MVNOが台頭

格安スマホを展開するMVNOが台頭しています。


1 2 3

footer-image