とうとう大手携帯会社がピンチ!?原因は今話題のアレだった…

近年、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯通信会社が販売面で苦戦していると話題になっています。

その理由がこちらです。



スポンサーリンク

「実質ゼロ円販売」の終了

2016年4月、総務省がスマホ販売に関するガイドラインを打ち出しました。

その内容とは「実質ゼロ円販売」
(2年間の利用を前提に端末代金と同額の料金を値引きする)が事実上できなくなったというものです。

”本体代は2年使い続ければかからない”というよくあるやつです。

本体代だけでも2~5万するものがあり、本体がかからないというと魅力に感じますが、
実際は毎月の料金を高額にすることで本体代まかなっていたようなものですね。

販売自体が難しくなっただけでなく、
最近では安価な月額料金でスマートフォンが利用できるようになりました。

MVNOが台頭

格安スマホを展開するMVNOが台頭しています。

MVNOとは

英語だとMobile Virtual Network Operator、
日本語だと仮想移動体通信事業者です。

何のことを言っているのかというと、格安SIMを提供している会社のことをMVNOといいます。

例えばDMM mobileやIIJmioなどをMVNOといいます。

どのくらい安価なのか、比較すると、その安さが良く分かります。

au、ドコモ、ソフトバンクの月額は平均すると安くて7500円~8000円。

それに比べ、MVNO(格安SIM)には余計な半強制オプションがないため、
月額が1,000円~3000円。

以前のMVNOは固定費が安い分、通話料が高かったのですが、
最近では通話料も安くできるようになったようです。


スポンサーリンク

MVNOに流れるユーザー

端末の割引額が減少し、ユーザーの負担が増えたことから、MVNOやワイモバイルなどの低価格サービスにユーザーが流出する動きも強まっています。

新規ユーザーの開拓が困難になり、既存ユーザーの流出も続いており、大手携帯通信会社は一見すると苦しんでいるように見えますね。

ネットの反応

・今まで色々ぼったくって来たツケ

・キャリア高いんだよね 、バカバカしくて払ってられない

・三大キャリアには一生関わらない事にしてる

・今は格安スマホでネット不便なく使えるからな

長年大手通信会社と契約して当たり前のように払っていた金額が、
同じ機能で月額が大幅に下がれば誰だって安いほうにしたくなりますよね。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 手帳型のスマホケースは今すぐやめとけ!そこには驚愕の理由が。

記事の修正・削除依頼は下記のメールアドレスにご連絡ください。

遅くとも24時間以内に対応いたします。
info@vipper-trendy.net

とうとう大手携帯会社がピンチ!?原因は今話題のアレだった…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!