森山直太朗、美人ピアニストと結婚するもゲイ説が払拭できないある理由

芸能


森山直太朗 結婚」という幸せなニュースが飛び込んできました。森山直太朗が人生の伴侶に選んだのは美人ピアニスト。しかし結婚報道後も何故かゲイ説が消えません。それにはある理由があったのです。

森山直太朗に結婚報道

「さくら(独唱)」などのヒット曲で知られるシンガー・ソングライター、森山直太朗作曲家でピアニストとして活躍する、平井真美子と結婚したことが分かりました。

出会いのきっかけは、平井真美子が直太朗のサポートピアニストを務めたこと。

この縁で知り合ったふたりは、同じ1976年生まれということもあり意気投合しました。

@kazutakahomma)さんの投稿

デビュー当時から10年以上にもわたって親交を深め、先日の大安の日に2人そろって婚姻届を提出しました。

母親で歌手、森山良子をはじめとした“音楽一家”に新たな才能が加わったとして、長年のファンも歓迎ムード一色です。

森山直太朗の結婚相手は美人ピアニスト

森山直太朗が人生の伴侶に選んだ女性はどのような人なのでしょうか。

作曲家でピアニストとして活動している平井真美子です。

「美人ピアニスト」という言葉がぴったりですね。

@tnk8181)さんの投稿

平井真美子はピアニストとして、これまでにもCMや映画、ドラマといった幅広いジャンルで作曲をしてきました。

高畑充希主演のドラマ「過保護のカホコ」も彼女が音楽を担当していたそう。

音楽という共通点を持つ相手と結ばれたということは、この先お互いに刺激し合い、多くの面で相乗効果を生むような予感がします。

これからは二人で音楽制作や活動をすることもあるかもしれませんね。

直太朗が選んだのは「一緒にいて楽な人」


1 2 3