500年間凍っていた少女のミイラ。彼女はインカ帝国の生贄だった…


500年もの長い年月、眠っていた少女が発見されました。まるで生きているようなキレイなミイラになり、凍っていたのです。

彼女は神への生贄でした…



スポンサーリンク

500年眠っていた少女

1999年、アンデス山脈で3体の子どものミイラが発見されたのを知っていますか?

学者たちが「完璧だ!」と興奮するほど保存状態の良いミイラは、500年前のインカ帝国時代に神へ生贄として捧げられた子どもたちだったのです。

ミイラの少女

最年長の15歳の少女は、身に着けていた装飾品に落雷があり一部焦げた部分があるものの、ほとんど外傷も無く、ふっくらとした肌はまるで数週間前に亡くなったみたいだったのです。

ミイラ

ミイラの足

また500年もの間放置されていたにもかかわらず、少女のミイラには心臓や肺に血液まで残っていたというのです。信じられません…


1 2 3

footer-image