南海トラフ地震は6月?関東大震災を予知した2人の予言者が発言

5月17日に南海トラフ地震の情報が流れていますね。

南海トラフで地震が起きると、
日本全体にとてつもない被害がでると言われています。

私も南海トラフについて調べていくうちにどんどん不安になってきました・・・。

可能な限り地震対策をしなくてはいけないと思うと同時に

南海トラフって本当に来るの?という疑問を感じています。

 

今回は南海トラフの不安を解消できるように

最新情報をまとめました。



スポンサーリンク



南海トラフ地震の現状

10.30-nankai-higaiyosou

2016年5月15日〜17日に南トラフ地震が来ると予想されています。

 

最大マグニチュード9.1を想定しているようです。

 

これは、

阪神淡路大震災のときの京都府や大阪府は震度5弱

東日本大震災のときの近畿地方の震度はおよそ2なので

あれ以上の揺れが起きる可能性があるということです。

ほんとに起きるのか?

南海トラフ地震は起きてほしくないですが、
いつかは必ず起きるということは確実となります。

ただし、自然相手となりますので、
はっきりといつ起こるということはわかりません。

しかし、関東大震災を予知した2人の預言者が

南海トラフ地震がいつ起こるか予言しました。

ちなみに関東大震災とは?

1923年9月1日に相模湾で起きた大地震。

マグニチュードは7.9となりました。

震災は東京を中心に

千葉,埼玉,静岡,山梨,茨城,長野,栃木,群馬の各県に及んだ

大規模な災害です。

 

預言者語る大地震が起こる時期

日本霊能者連盟では、霊視による地震予知をしています。

それによると、
『関東大震災の余震は2015年に決定。
震源は東京湾近く、大きな被害発生。』

たしかに2015年9月、10月と立て続けに関東地方で地震が起きていました。

 

加えて、
関東大震災の予定日を以下の通り霊視しています。

 

2016年6月11日または9月11日

2016年6月26日

2017年1月19日

 

霊視する先生によってバラバラですが、
2016年6月と言っている人が2人います。

その他にもアメリカの有名なゲリーボーネルという預言者も
2016年に関東で大きな災害が起きると予言しています。

 

地震予知は可能か?

地震発生近くになるとある程度の地震予知は可能になってきています。

しかしながら、
何ヶ月も前から地震の発生を100%予知することは、
現時点の地震予知研究ではできないことになっています。

ただ備えるという点では

自宅から避難所までの経路をしっかり押さえるであったり、

日持ちする食料、水をリュックにまとめるなどが考えられます。

自分の身を守るのは自分自身です!
地震の備えをして損をすることはありません!

 

地震対策

南海トラフ地震は起きてほしくないですが、
いつかは必ず起きるということはわかっています。

ただし、自然相手のことですので、
はっきりといつ起こるということはわかりません。

自分たちにできることをしっかりと準備しておくことが
一番の対策
なのかもしれませんね!


スポンサーリンク



具体的にどのように備えていけばいいかは

こちらを参考にして対策して頂ければと思います。

【備えあれば憂いなし】地震までに備えておくべき4つのこと

top

南海トラフの関連記事はこちらになります。

【あと3日】南海トラフの大地震。学者も、予言者も、FBI超能力捜査官が断言!!!準備は大丈夫?あの地域も大震災の恐れ

RuptureAreasNankaiMegathrust_2013

【大切な人達に教えてください】5月17日に南海トラフの大地震が来る・・・政府が隠してる情報がヤバ過ぎる

南海トラフ地震