成宮寛貴のフライデー疑惑。コカイン証拠写真がかなりヤバイ…

10838685_483377928469435_101938113_a-300x300

俳優の成宮寛貴さんの薬物使用疑惑をフライデーが報じました。

コカイン証拠写真がかなりヤバイと話題になっています。



スポンサーリンク

俳優の成宮寛貴にコカイン使用疑惑

フライデーでは薄暗い冷の中でソファーに腰を下ろし、何かを興味深そうに見つめる男性が成宮寛貴さんとされています。

その視線の先にあるものは半透明のビニール袋
その中には白い粉が入っており、これがコカインであると報じています。

その証拠写真がこちら

ase

しかし、実際にコカインを吸引しているところを写真に収められておらず、
フライデーに掲載されていた画像はこれが全てだった。

実際にコカインを吸引している写真が画像として掲載されていないため決定的な証拠がありません
今回コカインを本当に吸引していたのか、さらに、これによって逮捕されるのかは現在では不明です。

コカイン使用のフライデーの内容

写真は11月9日の午前3時半ごろに撮られ、撮影場所は成宮寛貴さんの自宅のようです。

成宮寛貴さんは深夜にA氏を含む友人2人を自宅に誘い、コカインを吸引し始めたとのこと。
さらに、友人のA氏は成宮寛貴さんについてこう語っています。

「ヒロキは部屋の中で大音量で音楽を流したり、奇妙な曲をYoutubeで検索して
『これヤバいよね』と笑っていた。
そして、机の上に置かれたコカインを鼻から吸って上機嫌になり、体をすり寄せてきた。」

成宮寛貴本人は否定

フライデーは自宅マンションから出てきた成宮寛貴本人を直撃しました。
その時、成宮寛貴さんは疑惑を完全否定しています。

narimiya

フライデー:成宮寛貴さんですか?フライデーですが。

成宮寛貴:はい、はい

フライデー:11月2日に撮られたというこの写真ですが。

成宮寛貴:はい

フライデー:コカインをやっているという話があるのですが

成宮寛貴:それはないですね

成宮寛貴は絞り出すように小さな声で返答したという

フライデー:コカインだけでなく大麻やケタミンも使用していると聞いていますが

成宮寛貴:ないですね

フライデー:ではこの写真に写っているものはなんですか?

成宮寛貴:わかんないですね

フライデー:自宅で撮られた写真ですよね

成宮寛貴:(カメラマンのレンズをバシッと手で払い)写真とかやめてもらっていいですか!

フライデー:これは自宅ではないのですか?

成宮寛貴:違うと思います。と言うか違います

成宮寛貴はこう否定するとタクシーを拾い去っていたという。


スポンサーリンク

事務所は法的処置も

決定的な証拠がないため、成宮寛貴が所属する事務所のトップコートは今回の報道を受け、法的処置も検討していると発表

今回の薬物疑惑は成宮寛貴さんの芸能活動に影響が出ることは間違いないため、所属事務所としては当然の行動かもしれません。

また、成宮寛貴も直筆署名入りでコメントを発表。

「事実無根の記事に対して非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と疑惑を否定した。

謝罪・訂正の要求がなく、発売前日にいきなり法的措置を取るとの声明を出すのは異例。その理由について、事務所関係者は「事前に(同誌から)問い合わせがあり、全面否定したが強行に掲載されたため」と説明した。

こういった裁判沙汰も視野に入れてのフライデーの報道だと思いますが、今回の写真以外にも確かな証拠を掴んでいるのでしょうか。。。

リークした友人A

友人A氏が成宮さんの疑惑をフライデーにリークした経緯も判明。

・成宮寛貴は友人A氏に「薬を買ってきて」と頻繁に依頼していた
・成宮寛貴は「友人Aが自分の彼女である」とうそぶいていた
・事実無根の噂により、仕事に支障が出た友人A氏は成宮寛貴と関係を断つためにフライデーにリークした

依然として友人A氏の名前や年齢などの素性は一切不明ですが、この人物が女性であると予想されます。

フライデーは成宮さん本人の肉声を収めたテープを入手しているとのこと。この音声テープも友人A氏から入手したものと思われます。

ネットでの反応

・2016年の締めはASKAかと思ったのに
このタイミングで成宮寛貴コカイン吸引がフライデーされるとは…

・成宮寛貴薬物疑惑って本当かなぁ?好きな俳優さんだからガセであってほしい。

・相棒で作中の往年のキャラがどんどん卒業していく理由がこれなのかもしれない?

弟を大学にいかせたり、苦労して頑張っている俳優さんなので、本当ならかなりショックです。ガセであってほしいと願っています。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 成宮寛貴さんの壮絶な過去。母の死を乗り越え、弟を一人で育て上げた家族愛に感動の嵐【深い兄弟愛】