成宮寛貴さんの壮絶な過去。母の死を乗り越え、弟を一人で育て上げた家族愛に感動の嵐【深い兄弟愛】

56a153ac21d582d0bfd0b965363b5af2-530x298

爽やかでいつも優しい笑顔を浮かべているのが印象的な成宮寛貴さん。

2016年5月現在、出演中のドラマ「不機嫌な果実」でも
多くの人の心を捉えていますね。

そんな成宮さんですが、実は俳優として成功した裏には
大変な苦労があったようです

鶴瓶さんがMCを務める「A-Studio」でその壮絶な過去を明かしてくれています。



スポンサーリンク




8f9b80d6c1bbd4ec141c83679f927b84-530x296

成宮さんの幼少期は母子家庭で弟さんとの3人暮らしでした。

しかし、成宮さんが14歳の時、

身体が弱かった母親は体調を崩し、若くして無くなってしまいます。

 

小学生である6歳年下の弟さんと2人きりになってしまった成宮さんは

生活を支えるために引越のアルバイトで働き始めます。

 

それから数年は昼夜問わず働き詰めだったそうです。

 

そんな中でも、弟さんにはかかさずお弁当を作ってあげていたとのこと。

そして弟さんを進学させるために選んだ道が芸能界入り。

進学させるためには多くのお金が必要。

 

少しでも良い給料を得るために

「中卒である自分ができることは何か」を必死に考え

選んだ道だったのだそうです。

 

俳優業で成功を収めた成宮さんは

得た収入で弟さんを高校・大学へと進学させます。

 

自身が中卒であることで学歴は大事だと身にしみて感じていた成宮さん。

 

先に選んだ大学の入学金まで払ったにも関わらず弟さんをより良い大学に行かせるために、

一年浪人して有めいな大顎に進学するよう説得したことも。

 

そして弟さんは無地大学に進学し、卒業・就職、そして今では結婚して幸せに暮らしているそうでう。

 

そして番組の最後に弟さんからの感謝の手紙が送られました。

 

 

兄へ

幼少の頃は母が出張で、留守にしがちでよく二人で留守番をしていましたね。

いたずら好きな兄は、寂しくないようにと私をからかい泣かしていましたね。

 

母が亡くなった葬儀の時は泣いてばかりの私に「最後くらい我慢しろ」。お母さんが心配で休めないぞ。これからは二人で頑張ろう」と涙をため、

手を強く握りながら言っていたのを今でも強く覚えています。

 

二人で生活を始めてからは、家にも帰れないような忙しなの中でも

「人気商売だからここで頑張らないと」と台本を片手に家を出て行く姿は本当にかっこよかったです。

 

当時、まだ二十歳ぐらいだったにも関わらず、兄は私に父のように、母のように厳しく、優しく接してくれました。

 

そのお蔭で私は進んでこれたのだと思います。

 

兄が当たり前のように自分の青春に変えてまで、弟を育ててくれたことに感謝してもしきれません。

 

本当にありがとうございました。

 

これからもお身体に気をつけてがんばってください。

 

弟より・・・

引用:YouTube

 

爽やかでいつも優しい笑顔を浮かべているのが印象的な成宮寛貴さんですが、

大変な苦労があったようですね。

無償の家族愛には感動させられます。

 

生活の為に働き詰めだった青春時代、

そして父となり母となり弟さんを立派に育て上げた成宮さん。

 

あの笑顔からは想像もつきませんね。

俳優としてだけでなく、一人の人間として本当にカッコイイです。

 

俳優としての成宮寛貴さん

ChPkhuTUcAAmvaE

■テレビドラマ
『ごくせん』(2002年)
『オレンジデイズ』(2004年)
『ハチミツとクローバー』(2008年)
『ブラッディ・マンデイ』(2008・2010年)
『ヤンキー君とメガネちゃん』(2010年)
『相棒』(2012 – 2015年)

 

すでに多くの代表作を持つ、成宮寛貴さん。

これからのご活躍が、ますます楽しみな方です。


スポンサーリンク