人前もこれで克服!あがり症を治す6つの対策とオススメ市販漢方薬

仕事・ビジネス


面接や発表・人前でのスピーチで極度に緊張してしまう「あがり症」は、実は簡単に克服できる?

まずはあなたがあがり症なのか、診断してみましょう。あがり症の対策・治し方は、6つご紹介。おすすめの市販漢方薬も。

あがり症=緊張しやすい?「あがり症」の意味とは

例えば大事な面接や大勢の人の前で話すとき、胸がドキドキして、突然うまく話せないようになったり、手足が震えてしまう人。

あなたは、「あがり症」の可能性が高いです。

まず「あがり症」の意味とは、

人前などで必要以上に周囲の視線を意識してしまい、それによって不安や焦りを感じるなど、心理的な現象が身体的な変化を引き起こすようになること
出典;一般社団法人あがり症克服協会

先ほど言った手足の震えなどが”あがる”ということであり、具体的には

《血が頭にのぼる意から》のぼせて平常心を失う
出典;一般社団法人あがり症克服協会

ことを指します。

「あがり症」の主な症状・特徴

人が「あがり症」を発症するようになるのは、およそ中学〜高校生くらいの思春期からだそうです。

欧米の調査では、7人に1人が生涯「あがり症」になるとか。

ここ日本でも、約96%の人が、

  1. 赤面症
  2. 多汗症
  3. 吃音症
  4. 視線恐怖症

などといった「あがり症」の症状を発症しています。

その他にも、文字を書く際に手が震えてしまう「書痙(振戦恐怖症)」や、周りに聞かれてると思うとうまく話せなくなる「電話恐怖症」、人と食事ができない「会食恐怖症」など、その症状は様々。

そもそもあがり症とは、

誰かに迷惑をかけてしまうのではという恐怖と、

他人にマイナスの評価をされるのではという恐怖

から生まれると言われています。

簡単!「あがり症」診断チェック

ではここで、あなたが「あがり症」なのか具体的に診断してみましょう。

日本人が最も緊張を感じやすいのは、大勢の人の前でスピーチをするとき

他にも、初対面の人に挨拶をするときや、新しい職場で仕事をするときなど、人が緊張を感じやすいシーンを思い浮かべてみて下さい。

その時あなたは、

  • 手足がガクガクと震える
  • 汗がでる
  • 顔が赤くなってしまう
  • 口が乾いたり声が上ずり、うまく話せなくなる
  • 頭の中が真っ白になる
  • 胸がドキドキする
  • 息苦しく感じる
  • めまいや吐き気を催す
  • 顔のほてりを感じる

ことはありますか?

上記の1つでも当てはまる場合は、あなたが「あがり症」である可能性は高いです。

特に緊張する場面で、強い恐怖不安を感じる人は深刻かも。

ほとんどの人が「人前では緊張する」と思いますが、

緊張のあまり、本来の自分の実力を出せない

となると、あがり症の治療や対策を行い克服した方がベターです。

ここからは、あがり症の治し方や対策・治療方法をご紹介しますね。

あがり症は”病気”なの?

その前に、ここまで症状や治療という言葉を使ってきましたが「あがり症」とは病気なのでしょうか?

一般的に、人が大勢の前で緊張するのは自然的なことであり、あがり症は病気としては認められていません

しかし緊張のあまり生活に支障をきたしてしまう場合は、「社会不安障害」と診断される場合が。

なので、人前に出るとちょっと緊張する程度なら、それは普通のことだと割り切った方がいいかもしれません。

これで治す!「あがり症」の対策・治し方6選


1 2