ネットワークビジネスに突然誘われた……断り方にはコツがある

お役立ち


ネットワークビジネスなんてうさん臭いもの、自分には関係ない。そう思われている人も多いと思います。

しかし、ある日突然ネットワークビジネスに誘われることは、誰にとっても十分にありえる話。

話の上手い人から勧誘されると、いつの間にか話にのせられてしまう危険も。そうならないためにも、ネットワークビジネスの断り方をあらかじめ知っておきましょう。

NHKの集金来たから「少し待っててくださいね」30分放置した結果…予想外すぎるw

ネットワークビジネスの断り方にはコツがある

ネットワークビジネスに勧誘されたときの断り方には、以下のようなコツがあります。

  • 何を言われても「ネットワークビジネスはしない」と心に決めておくこと
  • 例え正当な理由でも、理由をいって断るのは避ける
  • 相手に納得させるのは諦め、あまりにしつこい時は「帰る」が正解

自分を勧誘してきた人が、ネットワークビジネスに否定的な人間さえも、巧みな話術で「ネットワークビジネスっていいかも!」という考えに傾かせてしまう人物であることもありえます。

そのため、話を聞いているうちにいくら魅力的に思えても、「ネットワークビジネスはしない」と今のうちから心に決めておくことが重要です。

@hyodoooさんの投稿

また、「そんなの儲からないと思うから…」「信用を失いたくないし…」など、断る理由をダイレクトに伝えるのは避けたほうがいいです。

相手がそうした理由から話を広げて、メリットについて話してくると、より断りにくいですよね。

「理由はない。ただやらない」
それが一番有効です。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

ネットワークビジネスに誘われたときのために、このフレーズを覚えておくといいでしょう。

さらに、どれだけネットワークビジネスをおかしいと思っていても、それを相手に説明して納得させようとは思わないこと。無関心な姿勢をつらぬき、あまりにもしつこい場合は席を立つのが効果的ですよ。

唐突に席を立つのことに抵抗があるなら、「このあと約束がある」「家でじっくり考えたい」と言って帰ってしまうのも手です。

最新の振り込め詐欺の手口がヤバイ!これ知らなかったら払っちゃうよね・・・

友人にネットワークビジネスを辞めさせたいとき


1 2 3