野原ひろしの年収は650万声!?スペック高めのエリート商社マンだった

芸能


国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」のお父さん野原ひろしは年収650万超の高給取りであることが判明しました。さらに穏やかな性格でイクメン…と高スペックの持ち主だとか。詳しく見て行きましょう。

野原ひろしの年収は650万超!!

クレヨンしんちゃんはドラえもん、サザエさん、ちびまる子ちゃんと並ぶ国民的アニメです。

しんちゃんの底抜けの明るさに救われた、という人も多いのではないでしょうか?

そんなしんちゃんのお父さんである野原ひろしが、現実世界で見るとかなりの高スペック保持者であることがわかりました。

なんと、年収は650万を超えているとか!!!

国税庁の調べによると35歳〜39歳の平均年収は499万円です。

男性だけの平均でも589万円となっています。

野原ひろしの年収は650万円ですので同性・同年代の人と比べて、かなりの高収入を得ているサラリーマンだということがわかります。

@zokubutsu_man)さんの投稿

アニメの中では妻みさえから、「薄給で冴えない男」と認定されていますが、実際はとんでもないエリートだったなんて!!

しんちゃん一家はかなり恵まれた生活をしているということになりますね。

いわゆる勝ち組というカテゴリーに属していると言えるでしょう。

『野原ひろし 昼メシの流儀』に大ブーイング!こんなの野原ひろしじゃない

野原ひろし、ボーナスも100万超えは確実

野原ひろしの年収は650万円ですが、アニメの中で月収については「手取り30万」と出てきます。

額面だと約40万円程度でしょうか。

年収額から計算してみると、ボーナスはかなりの額になるはずです。

夏と冬の年に2回の支給だとしたら、それぞれ100万円はくだらないでしょう。

クレヨンしんちゃんがバブル崩壊直後の1990年から書かれたマンガということを考慮しても裕福な家庭であると断言できます。

野原家が海外旅行に行ったこともありましたね。

ということはしんちゃんはいいとこのおぼっちゃま・・・?

埼玉県春日部市にクレヨンしんちゃんのサトーココノカドーが出現!?

野原ひろしのスペックを見てみよう


1 2 3