70年飲まず食わずのインド人男性!確認のため15日監視した結果…

海外ニュース


インドに70年間飲まず食わずの男性がいると聞き、
嘘くさいので実際に15日間監視してみたところ
驚くべき結果が・・・


70年間飲まず食わずのインド人男性

サドゥと呼ばれるヒンズー教の苦行者
インド人プララド・ジャニ氏(87)は、
1940年から70年間飲まず食わずで生きています

7歳の時からラージャスターン州にある実家を離れてジャングルに住んでいたジャニ氏は、11歳のある真夜中に信じられない神秘体験をしました。

なんと目の前に3人の女神、カリ、ラクシュミー、サラスワティーが現れ、指先をジャニ氏の唇に押し当て

「もう二度と食べることに憂う必要はない」

と告げたそうです。
その日から一切の飲食を断って生活を始めたとのこと。

本当に不食なのか確認実験

もちろんこんな話を信じられるわけがないので、
2003年11月にインド西部アーメダバードのスターリング病院で
医師ら医療チーム30名の監視のもとで
ジャニ氏が本当に不食なのかを確かめる実験が行われました


1 2 3 4