売春婦だけど一途な女でもあった。野村沙知代の幸せな人生

未分類 芸能


亡くなる前日まで野村克也とホテルディナーを楽しんだ野村沙知代。彼女はかつて売春婦だった過去があるのだとか…、その真相や野村沙知代という1人の女性の人生に迫ります。

売春婦もした野村沙知代の幸せな人生!亡くなる前日もホテルディナー

野村沙知代の自宅は都内でも有数の閑静な住宅地、東京・田園調布にあります。亡くなる前日は、そこから車で30分ちょっとのところにある赤坂の一流ホテルホテルニューオータニ」のロビィフロアカフェレストランで旦那である野村克也夕食をとっていたそうです。

https://twitter.com/GUdWj4DTjNSIIIq/status/939282207134302209

亡くなる前日が豪華な夕飯で良かった…と思いきや、野村夫妻は毎晩のようにこのレストランを訪れていたそう。夫婦の指定席は広いホールの1番奥、2人がいつものソファに腰を降ろすと、オーダーしなくても、アイスカフェオレとホットコーヒーが運ばれてきていたんだそうです。

売春婦だったけど何か?野村沙知代が掴んだ慈しむ夫婦の時間

生前はあれだけ言いたいことを言って、毒舌を吐きまくっていた野村沙知代ですが、この世を去る時の彼女はあまりにもあっけなく、そして苦しむことなく幸せに旅立って行ったのです。


1 2 3 4