能年玲奈がのんに改名した真相…本名を使えない裏事情がヤバすぎる…

芸能


「弊社と能年氏との間で双方が代理人を通じてやり取りをしている内容であることから、回答を差し控えさせていただきます」

また、本名である能年玲奈を使用することに許可が必要だとする根拠についても

「契約の内容に関わる問題であることから、回答は差し控える」

としながら、

「一般論としてその旨の契約がタレントとの間で
締結されている場合には、当事者はその契約に拘束されるものと考えます」

と回答した。

能年の代理人を務める弁護士は、改名について次のように説明した。

「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との関係を考慮しました」

これに対して弁護士は、名前に関する規定の存在は予め知っていたので、
今後”能年玲奈”の名前を使えばレプロ側から必ずクレームが入ることを想定していたそうです。


1 2 3 4