野々村竜太郎の現在。有罪判決後のブログ内容がヤバイと話題に!

野々村竜太郎の現在が悲惨だと話題になっています。

有罪判決後のブログ内容がヤバイようで・・・

2700文字に句点が5つだけという異常な内容でした。



スポンサーリンク



野々村竜太郎が有罪判決に

政務活動費の支出をめぐる事件で

詐欺及び虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた

元兵庫県議の野々村竜太郎被告。

7月6日に判決が言い渡され懲役3年、執行猶予4年となった。 

 

出廷する直前の12時にブログを更新しており兵庫県民へ謝罪を行った。

 

それより12時間前の深夜0時には

「報道機関各位」というエントリーが公開され

それがネット上で話題になっている。

 

冒頭を紹介すると、

「裁判所出頭等妨害自粛等のお願い

私、野々村竜太郎は被告人という立場でございますので、

「裁判を受ける義務を必ず果したいだけ」と

自制して参りましたが、

マスコミは報道の自由の美名の下、

憲法第32条で保障されております

私の裁判を受ける権利を妨害しているのでございます!」

という内容。

 

このあとも記事は延々と続きその文字数は2700文字にもなる。

しかしパラグラフは分かれていないどころか、

句点は文中に5つだけという読みづらさ。

 

しかし判決後にブログを2エントリー更新しており、

その記事は意外とあっさりした内容となっている。

 

6日の16時39分と16時43分に記事を更新しており、

最後の記事は

「皆様と良い関係を築き方を、50前でございますが、

マイナスからお教え致しますよう、

お願い申し上げます」とだけ書かれている。

 

ソース
http://gogotsu.com/archives/19479
野々村竜太郎ブログ
http://ameblo.jp/nonomuraryutaroblog/

no title

 

要約すると、

僕は傷付いてるんだから虐めないでよね!

もし虐めたら訴えてやる!

とかそんなしょうもない事ですね・・・

野々村竜太郎の過去

2014年、前年度の政務調査費として

約300万円を支出していたことが発覚し、

同年7月1日に記者会見を開いた。

会見の席で感情的になり、その感情表現が突き抜けすぎていたため、

動画はTVだけでなくインターネットで世界中に発信され、

日本国内にとどまらず海外にまで知られることになる。

過去の号泣会見動画

 

号泣会見の時にはカツラを付けていた。

no title


スポンサーリンク