ご飯を食べない子供。その意味に気づいた時、母親は崩れ落ちた…

子供の食事

子供ってなかなか親の言うこと聞かないですよね。理解してないのか、駄々をこねてるのか。しかし頭ごなしに叱ってはいけません

子供もしっかり感じ考えているものですよ。



スポンサーリンク

ご飯いらない!お菓子がいい

ある女性のお話です。

彼女には、2人の息子がいました。
長男は3歳半、次男は1歳。

どうしても次男が幼いので、今まで長男をかまっていた時間も全て次男に当てるようになっていったそうです。

そんなある日・・・。
長男がこんなことを言い出しました。

「ごはん食べたくない。おかし食べる・・・」

そう言ってから長男はお菓子ばかり食べて、ご飯はほとんど口にしなくなってしまったのです。

お菓子

子供の成長は著しいですよね。
そんな時期にお菓子だけなんて、体にいいわけありません。

一体何がそうさせてしまったのか、女性にはわからなかったのです。

その長男の姿を見かねて、仕事から帰ってきた旦那さんが長男を呼んで『ある事』を話し始めました。

諭す父親に子供は…

「パパのヒザに乗って少し話をしよう」
長男は少し不機嫌ですが、言うことを聞いて膝にのって話を聞きます。

まだ素直さは残っているようですね。

父:「お前はよくママにプレゼントをあげているよね?」
長男:「うん!今日もお花をあげたんだよ!」

そう得意げに答えました。

父:「へぇ。ママはなんていったた?」
長男:「嬉しいって言ってた!そこに飾ってあるよ!」

父親は微笑んで、こう続けたのです。

「じゃあ、ママが『太郎のプレゼントなんかいらない。お花じゃなくて他のがいい。』って言ったらどんな気持ち?」

あまりのショックに長男は泣きながら、「いやだ…」と。

息子を泣かせてしまった旦那さんですが、そこには親の優しさが…。

泣きじゃくっている長男に、父親はこう続けます。

「ママが毎日作ってくれるご飯は、お前へのプレゼントなんだよ。
『太郎、喜んでくれるといいな』って思いながら作ってるんだ。
お前がお花をつんでる時の気持ちと一緒じゃないかな?」

さらに続けて、

「ママは、お前のために一生懸命作ったプレゼントを『いらない』って言われて毎日捨ててたんだよ。
どんな気持ちか分かるかな?」

なんとも的確に刺さる言葉を続ける旦那さん。
怒鳴ったりしないのも立派ですよね。

そんな気持ちが長男にも届いたのでしょう。

長男が「ママ、ごめんなさい!・・・」そう言いながら泣きじゃくっているのです。

そしてこの後、ご飯を食べなかった理由が明らかに!


スポンサーリンク

本当の意味とは

「ママと一緒に食べたかったんだもん。『あちゅまれー』して欲しかったんだもん!・・・」

そうです!
長男はただお母さんとご飯を食べたかっただけだったのです。

お菓子を食べたかったわけではなく、お母さんの気を引くために食べなかっただけで…。

そこには子供なりの葛藤があったのでしょう。

女性も、そのことには気づかすにご飯を食べないことばかりに気を取られていたことを反省したそうです。

その後、女性は長男も次男も気にかけ、しっかり話しながら食事をするようにしたのだと言います。

ネットの反応

・3歳でもいろいろ考えてんだな。

・あちゅまれーが何か気になるww

・まだ小さいし母親に甘えたいんだろ、しかたない、

・ガキなりに親の目を引くこと考えたんだな。あってるかどうかは別だけど

・この両親はえらい!叱るんじゃなくて子供に話せる人はすごいよ。

子供って本当に敏感ですよね!

言うことを聞かない時は、「なんで言うこと聞けないの!?」そう怒るのではなくて、きちんと話を聞いてあげるべきなのでしょう。

叱らない

そこにはきっと、お子さんからのサインが隠されているでしょうから。

大事なことを気づかせてもらって、ジ〜ンときました。


スポンサーリンク

関連記事

⇒ 『子供のしつけ』と称した親の説教に説教する!共感の嵐がすごいw

子供の食事

ご飯を食べない子供。その意味に気づいた時、母親は崩れ落ちた…


【この記事がおもしろい】と思ったら
いいね・フォローお願いします!