彼女が浮気相手と風呂に入ってた。家族大集合で修羅場に…

体験談


それだけだと信じなそうだから、さらに散乱してる二人の服を写メで撮って添付して、俺の番号も合わせて送信。

作業に没頭してると風呂場が少し騒がしくなってきた。
どうやらドアが開かない事に気がついたらしい。

すると俺の電話にB子らしき人から電話が。

俺「はい、俺男です。」
B子「もしもし、間男の彼女のB子と申しますが、俺男さんでしょうか?」

俺は状況を簡単に説明。家の住所を教えるとすぐに向かうとの事だった。

その間、出れないことに気づいたのか風呂場はとても騒がしい事に…。
煩いから風呂場前のソファーまで行き、声をかけてみた。

俺「お楽しみのとこ悪いんだけどね、ちょっとそこで待っててよ。」
A子「え?は?何で?何でいるの?!」

そういうと部屋まで戻ってA子の両親に連絡を取った。
状況を説明すると、両親揃って来ると言い電話を切った。

そうこうしているとB子が到着。
話を聞くと、B子は間男の婚約者だと言う事、3ヵ月後には式も控えていたと言う事が分かった。

風呂場に近づくとA子と間男がまだ騒いでた。
そしてB子が風呂場に向かって迫力のある声で話しかけた。

B子「間男。」
間男「B、B子!?何でお前がいるんだ?」
B子「俺男さんに連絡してもらってきたの。部屋に散らかった洋服とか見ると事実みたいね。」
間男「待って!違うんだ!誤解だ!」
B子「何が違うの?誤解って何?まさか他人の家で洋服脱いで女の人とお風呂に入る理由が他にあるの?」

それだけ言うとB子は部屋に戻ってきた。
風呂場ではまだまだ騒がしいが、放置しておく事にした。

次々と親が集合

B子「あの、差し支えなければ私と間男の両親も呼びたいのですが、構いませんか?」
俺「はい、私は構いませんよ。」

B子は自分と間男の両親に状況を説明し俺の家に呼んだ。

少しすると、A子両親、間男両親、B子両親から連絡が来たので、二人で迎えに行った。
アパートに着くなり、風呂場の前の惨状を見た3組の両親絶句。

部屋へ行く間に心配なのか、A子・間男の両親が話しかけた。
まさか両親まで来てるとは思ってなかったのか、「ひ!」と言う声が聞こえた。

両親を部屋まで案内した後、録音の準備をした。 風呂場のバリケード開放。
ゆっくりと扉を開けると座り込んで泣いてるA子と呆然とした間男がいた。

もちろん二人とも裸だった。 二人に下着とタオルを渡すと部屋まで歩き始める。

そこで初めに動いたのが間男父。 速攻間男を殴り、崩れ落ちる間男。
その様子を見てA子は「ひぃ!」と小さく悲鳴を上げて固まっていた。

どんどん修羅場化していき…

ここからは簡単だった。

まずは、A子に経緯の説明をさせた。

A子曰く、同じ会社の間男から言い寄られて、悪いと思いつつも関係を持ってしまった。
間男との関係は2ヶ月ほど前から。
間男は体だけの関係、心は俺男にある。

俺はその言葉を聞いていたら、吐き気がしてきてトイレに駆け込んで思いっきり吐いた。
戻ってきて心配そうな顔をしてるA子が更に気持ち悪く感じた。

同じように間男にも経緯の説明をさせると・・・
やはりというか言い分が食い違った。

誘ったのはA子、今回が初めてで、悪いと思ったがついつい関係をもってしまったとのこと。

A子は信じられないと言う顔で間男を見る。

そこで、俺はA子に別れる旨を伝えた。

A子「心は俺男にあったからこれは浮気じゃない!出来心!俺男と別れるなんて出来ない!それなら死んだほうがマシ!」
俺「知らん、死ぬなら俺の知らんとこで死ぬと良い。ただ、そうする事で今回迷惑をかけたお前の両親に更に深い傷を残す事になるのは忘れるな。」


1 2 3 4