【引退】おかもとまりが起業家に転身、有吉の毒舌確執が原因 w

芸能


モノマネ芸人としてバラエティ番組で活躍するおかもとまり起業して実業家に専念することを公表しました。その裏にはお笑い芸人・有吉弘行との険悪な関係があるのだとか?今回はおかもとまりの起業・引退報道、有吉との関係について調べてみたいと思います。

おかもとまり、起業で引退宣言

タレントのかもとまりが2018年3月4日深夜、自身のブログや SNSを通じて芸能界を引退することを表明しました。

おかもとまりのTwitterによると、

ずっと引き際を悩んでいましたがタレントとしては引退します!

作る側、(株)minto.代表として懸命に頑張ります!

引用元:おかもとまりTwitter

ということです。

おかもとまりが起業した(株)minto.とは?

おかもとまりが起業した、(株)minto. とはどのような会社なのでしょうか?

(株)minto. が運営するのは、誹謗中傷のない憩いの場を作りたい想いから生まれたコラムサイト「minto.」です。

どのようなメディアかというと、

「人間力向上」をテーマに、芸能・食・美容・処世術・小ネタ・1話完結の連載小説や動画配信もありますが、おもにコラムやインタビュー記事の掲載をしていきます。目指すのは、読んでいる人のためになる憩いの場のようなメディアです。

タレントさんってどうしても批判や中傷が生まれることがあります。それに、世の中良いニュースよりもネガティブなニュースばかりが一人歩きしがちですよね。

もっと人のポジティブな面を発信していくメディアを作りたいと思ったんです。

引用元:アメーバニュース

@okamotomari1213)さんの投稿

おかもとまりは、同業のタレントがいわれのない批判で傷ついているのをみながら「なんでこの人たちのいいところを伝えないんだろう?」「本当は良い人だということを伝えたいな」と長年考えていたことをカタチにしたのだそう。

実は、中学3年生の時から起業したいと思っていたんです。きっかけは、芸能事務所「タイタン」の社長である太田光代さん。もともと爆笑問題さんのファンなのですが、太田光さんがご自身のコラムで光代社長のエピソードを紹介されていたのを読み、「将来こんな女性になりたい!こんな社長になりたい!」と思ったんです。

引用元:アメーバニュース

もともとおかもとまりには起業家精神が宿っていて、今まさにその夢を実現させようとしているのですね。

おかもとまりは実業家に転身

おかもとまりはこのタレント引退を受けて、名前の表記を漢字で本名(旧姓)「岡本麻里」に改名することも発表しました。

おかもとまりオフィシャルブログでは

(株)minto.の起業のキッカケにもなった、23歳からひとりで動いていたお仕事の情報解禁もあります!夏秋情報解禁かな?お楽しみにしていただけたら嬉しいです。地元群馬県の人にも喜んでもらえると思います^ ^

引用元:おかもとまりオフィシャルブログ

と呼びかけています。起業した事業の拡大など新しいことへの挑戦が始まりそうですね。

@okamotomari1213)さんの投稿

毎日スマホと向き合う今、そこで自分の人生の時間も削られていることに気づいてほしいです。誰もプラスになっていない噂話だけを楽しむよりも、人の魅力を発見したり、自分を高めたりできる「minto.」の記事で、暇つぶしもプラスになる時間に変えてほしいと思います。

引用元:アメーバニュース

と事業に対する思いと意欲を語っています。

人気の”広末のモノマネ”はもう見られない!?

おかもとまりはピン芸人としてデビュー、その後は「女優・広末涼子のモノマネ」で注目を集めてきました。ですが、今後はタレント業を引退し起業への挑戦を選びました。

会社を作ること自体よりも、一緒に仕事したい方や企業さんに、わかりやすく私のビジョンを伝える方が苦労しました。タレントとしてテレビで話すこともとても難しいことでしたが、それとは全く違う難しさがありました。営業に関する本を読みあさって、ひたすら「どうしたら上手に伝えられるか、いかに共感を得られるか」を考えて話す練習をしていました。

引用元:アメーバニュース

芸能活動で得た全ての経験や精神力が、この先きっと役に立つことでしょう。

@md_okachan_ilicca)さんの投稿

おかもとまりの引退、有吉との関係は?

お笑い芸人・有吉弘行のラジオでアシスタントを務めていたおかもとまり。

しかし突然アシスタントをクビにされてしまいます。

このクビ騒動には色々と意見や憶測が飛び交いました。

おかもとまり、有吉をブチギレさせるエピソード

有吉弘行のラジオでアシスタントを務めていたおかもとまりは、原稿に書いてある漢字が読めないことが多くありました。

そのため、有吉がおかもとに原稿をあらかじめ読んでくるようにアドバイスしたそうです。

ですが、おかもとは怠けたのか、下読みをしてこなかったのです。

その態度に有吉がブチギレ、短期間でアシスタントをクビになったということです。

そのため、おかもとまりが太田プロを辞めることになったのも有吉の圧力があったのではないかともいわれています。

両者ともに言い分があるのでしょうが、一連の流れを見ているとプロ意識の欠けたおかもとまりが悪いように思えてしまいますね。

芸能人、というより社会人として当たり前のことをやってこないわけですから、干されても文句は言えないでしょう・・・。

おかもとまりの旦那と子供

タレントとして活躍するおかもとまりは、プライベートでは元「I WISH」のメンバーで、音楽プロデューサーのnaoと結婚しています。

おかもとまりの旦那、naoのプロフィール

本名:菅原直洋

生年月日:1980年12月13日

naoは音楽プロデューサー、作曲家・編曲家として活躍しています。

2002年に川嶋あいと結成したI WISHが、テレビ番組「あいのり」の主題歌「明日への扉」となり大ヒットします。

naoはキーボード、川嶋あいはヴォーカルを担当していていました。

@okamotomari1213)さんの投稿

naoには歌手のTAMAMIという前妻がいました。

2007年に結婚し翌年2008年には長男が誕生していますが、TAMAMIは元々身体が弱く難病を患っていたようで、2011年急逝してしまいます。

この前妻との子供も今はおかもとまり・nao夫妻の子供として迎えられ、その後2015年8月22日におかもとまりが産んだ子供と現在は4人で暮らしています

子供の名前は、前の奥さんとの子供が貫太郎、おかもとまりが出産した子供が隆之介という名前だそうです。

@okamotomari1213)さんの投稿

まとめ

“美人すぎる女芸人”として大ブレイクしたおかもとまり。

広末涼子のものまね(顔真似?)は、とても人気がありましたね。

15歳の頃からの夢であった起業を果たしたおかもとまりは、有吉との確執を経てタレント業から引退することを決意しました。

コラムサイト運営に毎日奮闘し、忙しいながらも夢に向かって充実した日々を過ごしている様子が伝わってきますね。

持ち前の起業家精神で、是非とも”誹謗中傷のない憩いの場”を作るという自身の夢を実現させて欲しいと願っています。