岡副麻希アナがめざましテレビでやらかす!ガチでヤバかった

芸能


放送事故の詳細

全国から厳選した満開の桜を生中継で繋ぐ

「満開 サクライブ」を放送。

 

「お花見グルメ」として尾道名物の桜寿司を紹介すると、

岡副アナが桜寿司を手に取り、ひとりで頬張り始める。

 

そのまま岡副アナは食レポを始めるも、

口内に寿司が残っているために滑舌が悪く、

スタジオのからは

「アナゴしか聞こえてこない」とツッコミが入る。

 

同市でいま猫が流行っているとの話題になると、

一度画面から消えた岡副アナが猫耳をつけて再登場し、

天野アナを相手にじゃれ始める。

 

天野アナが

「岡副ニャンコの可愛らしい歌声で

締めたいと思います」

 

との言葉に促されると、

岡副アナは

「さくにゃーん、さくにゃーん」と歌い始めた。

 

中継を眺めていた出演者たちが

岡副アナに爆笑するなど、

スタジオは騒然としていた。

 

中継後にはメインキャスターの三宅正治アナウンサーが

「恐ろしい中継でした」と唖然とした様子で述べれば、

永島優美アナウンサーも

「ちょっと大丈夫ですか?これ」

と心配する声をあげていた。

 

YouTube動画

これは完全に事故ってますねw

正直、プロとして失格だと思いました。

朝っぱらから前代未聞の放送事故

“黒ギャルアナ”として人気上昇中のフリーアナ・岡副麻希(23)が、

“水着マンスジ”披露の放送事故を起こしてしまった。

 

早大時代には水泳に打ち込み、足ひれを着けて泳ぐ

「フィンスイミング」という競技では

日本選手権の一部門で優勝した実力者。

 

そんな岡副が朝っぱらから

前代未聞の放送事故を起こしてしまったというから驚きだ。

 

「7月2日放送の『めざましどようび』でのこと。

岡副は、東京・稲城市の

『よみうりランドプールWAI』から中継リポート。

 

黒の密着水着姿になり、水が流れる滑り台

『ウオータースライダー』を体験したのです。

 

 

水しぶきを上げながら楽しそうに滑ったのですが、

ナントその最中、水着が股間に密着しすぎて、

くっきりと5センチ程度の“ワレメ”が浮かび上がってしま

いテレビに映ってしまったのです。

 

放送直後からネットでは“マ◯スジ放送事故”と大騒ぎになった」

 

同時にある疑惑も・・・

「水着が黒だったのでサポーターをつけていなかったのでしょう。

あれだけ“マンスジ”が深く浮き上がってしまった

ということは、おそらくパ◯パンです。

 

水泳選手だっただけに下半身のヘアを剃る習慣があるのかも。

 

バラエティー番組では、


1 2 3 4