東京オリンピックのボランティアの資格がハードル高すぎ!集まんないだろと話題に・・・

xtamaki20150529-20150529_004-thumb-660x440-418725.jpg.pagespeed.ic.mGVPYb-5AU

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は

大会ボランティアに求める要件の素安を明らかにしました

集まんないだろと話題に・・・



スポンサーリンク



東京オリンピックのボランティアの資格

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、

大会ボランティアに求める要件の素案を明らかにした。

 

「コミュニケーション能力がある」

「外国語が話せる」

「1日8時間、10日間以上できる」

「採用面接や3段階の研修を受けられる」

「20年4月1日時点で18歳以上」

「競技の知識があるか、観戦経験がある」

など。

 

18年8月ごろ募集を始める予定で、組織委の担当者は

「大会まで4年あるので、希望者は語学の勉強をしてほしい」

と話している。

 

組織委が募集する大会ボランティアは8万人を想定しており、

観客誘導や警備など、原則的に会場内で活動する。

宿泊や交通費は自己負担だがユニホームが支給される。

 

組織委によると、

12年ロンドン五輪では7万人の大会ボランティアを募集し、

24万人の応募があった。

 

東京も同程度の応募数があると見込んでいる。

 

ハイスペックすぎる能力?

この条件を満たして且つ、

『僕(私)の能力がオリンピックの役に立てるなら、

よろこんで無償で働きます!』って聖人スキルも必要ですね。

 

また、あの恥ずかしい服を着るという

罰ゲームがもれなくついてきます。

 

オリンピックだし

 

コミュ力←当然必要

外国語←外国人相手にするだろうから致し方なし

年齢制限←よくある

研修←ま、多少はね

採用面接←??

8時間10日以上←??????

競技の知識、観戦経験←お手上げ

 

外国語が大切だなんて分かってるなら

「希望者には大会開催日まで

通えるネイティヴによる無料英会話教室」って

特典がついてたらこんなブラックボランティアでも

絶対立候補しそうですね。

 

このスペックを「無償」で、ですか・・・

オリンピックのボランティアの喜び

・世界各国の人とコミュニケーションできる

ボランティアは現地の人だけで募集するわけではありません。

世界各国から、色んな国籍の人々がボランティアをしに集うのです

 

だから、日本にいながらにして、

世界中の人々と一緒に過ごして、

会話して、友達になれるチャンスです。

 

昨今はますますインターネットも発達しているため、

大会後も、フェイスブックなどのSNSや、

メールでつながっている人々も多いようです。

 

・語学上達のチャンス

必要に迫られて話すことになりますので、

完璧な外国語は喋れなくても、

ジェスチャーも含めた総合的な

「伝える」能力を育てることができるようです。

 

・ユニフォームがもらえる

これは嬉しいのかどうか微妙ですが(笑)

そこでしか入手できないオリジナルグッズも

思い出の品として入手できます。

 

・子供に自慢できる

世界規模のイベントですから、

子供が成長した時にも、お母さん(お父さん)は

オリンピックに参加したことがあるんだよ!

(ボランティアとして・・・・)と。

 

世界的な舞台で頑張った姿を見せてあげられる、

それが誇りになっているという方もいらっしゃいました。

 

・有名選手の素顔を見られるチャンス

選手村などに配属になった場合は、

テレビにも登場する有名選手の素顔を見ることができます。

 

たとえば、冬季オリンピックでは、

各国選手が雪合戦で無邪気に遊んだり、

日本の温泉や食文化をめずらしがって、

はしゃいだり、そんな日常的な姿をかいまみることができるようです。

 

日本で新鮮な体験を、

居心地欲楽しんでくれる姿を見られるのは、

確かに心あたたまるいい経験になりそうですね。


スポンサーリンク