大谷亮介は結婚せずに息子を放置・・・。韓国人だという噂も!

強姦事件で捕まった高畑裕太(22)。

その母親は高畑淳子であることは明白だったが、父親がハッキリと分からなかった。

しかし、あの相棒に出演した大谷亮介さんであることが判明。

大谷亮介さんは何故、高畑淳子と結婚しなかったのだろうか?



スポンサーリンク



高畑裕太を生むまでの流れ

大谷亮介さんは現在62歳。
高畑裕太が生まれた時は40歳だったということになる。

そして、高畑淳子は現在61歳。
高畑裕太が生まれた時は39歳だった。

よって、高畑裕太が生まれた時には、高畑淳子さんは39歳で大谷亮介さんは40歳だった

高畑淳子さんは一度、24歳のときに一般の人と結婚しており、1年半で離婚して、約14年の時を経てまた大谷亮介さんと結婚するかに見えた。

しかし、高畑裕太を妊娠するも、結婚には至らず、高畑淳子はそのまま高畑裕太を生んで母親1人で育てた。

大谷亮介さんはこのことについてこのようにコメントしている。

「そのことについては否定しません。

裕太さんは私と淳子さんの息子です。

私は過去に淳子さんと結婚を前提にお付き合いしていましたが、結婚には至りませんでした。

その後は、親密な交流は控えてきました」

やはり高畑裕太は、高畑淳子さんと大谷亮介さんの実の子供だということだ。

今まで父親を大谷亮介さんと公表できなかったのは、高畑淳子さんと大谷亮介さんとの間にあまり交流がなかったからということだと推測される。

 

大谷亮介さんは相棒にも出演していた俳優である。

SS 20

 

ちなみに、テレビで高畑裕太が父親のことを聞かれた時には

「父親は会ったことがないから分からない」

というようにコメントしたとのことだ。

 
高畑裕太からすれば、母親の高畑淳子は若い時に一般人と結婚して姉を生んで別れ、30代後半で俳優との間に出来た子供が自分ということになる。

少し複雑な家庭である。

自分が生まれた時は、結婚はしていなかったので、正式な父親という人はいないということなのかもしれない。

このような家庭事情からも、高畑裕太の女性に対する考えなどが出来上がっていったのだろうか。

 

大谷亮介さんは韓国人?

大谷亮介さんは韓国人だという噂が出ている。

もし、韓国人だったとすれば、その息子である高畑裕太は、韓国人と日本人のハーフということになる。

さて、その噂は本当なのだろうか?

 

この噂は、当時もさかんに流れた噂だったようだ。

しかし、現在の味方では嘘ではないかという説が強い。

高畑淳子さんの元の旦那さんが韓国人だったのか、以前の恋人が韓国人だったのか。

とにかく、そのようなところから噂が始まり、それでは大谷亮介さんが韓国人なのではないかというように噂が流れていったと考えられる。


スポンサーリンク



高畑裕太を止める存在がいなかった

高畑裕太は生まれた時から現在22歳に至るまで、母親1人に育てられてきた。

母親である高畑淳子さんはとても優しく、愛情を持ちすぎて高畑裕太を甘やかしてしまうように見える。

今回の事件でも、高畑裕太には、「私は最後まであなたの母親だから」というように声をかけた。

ステキな母親だという意見もあるが、逆に甘やかしすぎだという意見もある。

父親というストッパーとなる存在がいなかったのも、今回の事件のひとつの要因なのかもしれない。