大竹しのぶ・14歳少年役の自分を自虐。38年ぶりの『にんじん』


女優の大竹しのぶが14歳少年役を演じることになり、自虐してみんなを笑わせました。

今回挑む年の差45歳の役は実は思い入れのある役。

その思いをこう語りました、、、


スポンサーリンク

大竹しのぶが14歳少年役の挑戦に自虐

6月21日、女優の大竹しのぶ(59)ミュージカル『にんじん』の制作発表記者会見に出席し、自分の役柄について語りました。

今年の7月に60歳の誕生日を迎える大竹が演じるのは、なんと14歳の少年・にんじん役!!

役との年の差なんと45歳、、、

実は38年前、22歳の時のも同役を演じていた大竹はこのように語っていました。

「還暦だから何か面白いことをやろうと思ったのがきっかけ」

面白いことをやろうって、、、笑

ちなみに38年前の姿がこちら

流石に14歳の少年役はどうなんだろうと思ってしまいますよね、、、笑

この役を演じることになった大竹は自分が写った写真を見たときに思ったことを自虐混じりにこう語りました。

「出来上がったもの(写真)を見たらふざけてるなと。これでお客様が来てくれるのか正直、不安です。おばさんが何か頑張って、おばさん楽しいことあったの? みたいな感じですよ」

コレを笑いながら言ってくれるあたり流石だと感じますよね!

また38年ぶりに「にんじん」役を演じるにあたってこのように語っています。

思い入れのあることが伝わってきますね!

共演者や中のいい人たちも今回の大竹しのぶの役には驚いたらしく、大竹の兄役を演じる中山優馬(23)は

「大竹さんと共演できると思って喜んでいたが、兄役と聞いて『何かの間違いじゃないか』と思った」

と語りました。笑

そりゃ40以上も年の離れた大御所を自分の弟として扱うのは気が引けますよね、笑

その二人のやり取りにも期待が高まります!


スポンサーリンク

ネットでの反応

  • 大御所を弟として扱うのは確かに気まずいだろうな
  • 38年ぶりに同じ役って凄いな!
  • 45歳も下の役を演じれるのが凄いよな…そう考えるとやっぱりすごい人なんだな

元結婚相手お話はこちら
明石家さんまの熱愛遍歴。名前を言ったら驚愕するお相手を公開…


スポンサーリンク