大竹しのぶ・14歳少年役の自分を自虐。38年ぶりの『にんじん』

芸能


ちなみに38年前の姿がこちら

流石に14歳の少年役はどうなんだろうと思ってしまいますよね、、、笑

この役を演じることになった大竹は自分が写った写真を見たときに思ったことを自虐混じりにこう語りました。

「出来上がったもの(写真)を見たらふざけてるなと。これでお客様が来てくれるのか正直、不安です。おばさんが何か頑張って、おばさん楽しいことあったの? みたいな感じですよ」

コレを笑いながら言ってくれるあたり流石だと感じますよね!

また38年ぶりに「にんじん」役を演じるにあたってこのように語っています。

思い入れのあることが伝わってきますね!

共演者や中のいい人たちも今回の大竹しのぶの役には驚いたらしく、大竹の兄役を演じる中山優馬(23)は


1 2 3