フクロウカフェの内部告発で発覚した劣悪環境。もはや虐待…

国内ニュース


内部告発をした理由は
フクロウの身を思うといたたまれなかった

元従業員告発の内容は日本中が関心を寄せるほど酷い内容でした。
一体、日々何が行われていたのでしょうか?

このフクロウカフェの実態

乱獲されたフクロウ

そのカフェはフクロウを見たり触ったりして飲み物も飲めるカフェで、
約30羽のフクロウを飼育・販売していたとのこと。

また、なかなか見ることのできない珍しい種類のフクロウがいると集客が上がるので、
なかには海外で乱獲されたフクロウをゲットしていたらしいのです。

今回告発された店も

「こんなフクロウは飼おうと思っても日本にいるはずない」
卵のときに巣からとってくるんですよ」ということを客に話していた。

こちらのオーナーが「乱獲されたフクロウ」と言っていた子は、この店では少なくとも3羽いたそうです。

営業中も閉店後も同じ場所でつながれ奴隷扱い


フクロウ達は飛んでいかないように、足にリーシュと呼ばれるヒモをつけられ、
限られた空間だけ動き回ることができる環境で毎日過ごしているそうです。
休憩中や閉店時でも営業中と同じ場所でリーシュを繋いだまま

動ける範囲は、個体の大きさで差があるものの、
小型種で30cm×30cmほど、大型種で100cm×100cmほどの面積しか動けないのが現実だそうです。

休憩を取らせることがあっても、フクロウはずっと同じ場所にいます。
ただお客様に触らせないだけで、カメラで撮影することもでき、ずっと人の目に触れているとのことで・・


1 2 3 4