【驚愕の事実】親指と小指くっつけて手首に腱が浮かぶとヤバイ?

0613_3

親指と小指くっつけた時手首に腱

浮き出る人と浮き出ない人がいるって

知ってましたか?

そこには人類の進化の過程がありました。


スポンサーリンク



腱が出てこない人もいる

腕を机などの平らな場所におき、

親指と小指をくっつけて、手首を見てみてください。

 

2本の“腱”が浮き出てきましたか?

実は浮き出てこない人もいます。

 

左が浮き出てるひと、右が浮き出てない人です。

 

0613_k1

 

この腱は、長掌筋と呼ばれる

器官の名残だと言われています。

 

この筋肉は上腕部から手首にかけて伸びています。

元々は手首の動きをサポートする筋肉でしたが、

現代の人類にとっては必要がなくなったため、

この筋肉が無い人もいるようです。

 

0613_k2

 

今では

日本人の約5%、白人では約20%位の人が

この筋肉が無いそうです。

 

無くても困らないのは、

この筋肉の周辺にある橈側手根屈筋などが

役割をちゃんと果たしてくれるから。

 

長掌筋はもはや何の意味も持たないので

これがなくても日常生活に

なんら支障をきたすことはないそうです。

 

人間には退化器官が残されている

また、人間には「退化器官」と呼ばれる

今はあまり使われなくなり

殆ど用をなさない器官が残されています。

 

一番有名なのは尻尾の骨。

人間に尻尾はありませんが骨はまだ残されています。

 

他には耳を動かす「耳介筋(じかいきん)」。

 

10種以上もの耳介筋を持っている動物もいますが、

人間では「前耳介筋」「上耳介筋」「後耳介筋」の3筋が

わずかに認められる程度。

それも器用に動かせる人は皆無です。

 

0613_k3

 

長掌筋は別の役割を果たす

しかし、

長掌筋は今は別の役割を果たす場面があります。

 

この筋肉を使うのはプロ野球の投手。

と言ってもこの筋肉を使って

ボールを投げるわけではありません。

 

“トミー・ジョン手術”と呼ばれる

肘の靭帯の再建術で使用されるのです。

 

断裂した肘関節の内側側副靭帯に

反対側の腕の長掌筋を移植します。

 

0613_k4

 

最近ではダルビッシュ投手がこの手術を受け、

無事復帰しています。

 

プロ野球の投手にとっては、

あって良かった筋肉かもしれませんが、

いずれ長掌筋を持たない人が増えていくかもしれませんね。

 

ネットでの反応

・普通にあるわw これで移植手術できる!

 

・筋肉なんか 骨かと思ってたよ

 

・ない人いるの知らんかった

 

・親知らずみたいに痛くなるのはほんまいらん

 

進化の過程で無くなっていくのだとすれば

長掌筋も無い方が進化した人間なのかもしれませんね。


スポンサーリンク



関連記事

⇒ 両手の親指に息を吹きかけると凄いことになる(詳細画像あり)