「ドレミの歌」ペギー葉山さん入院するも2日で…悲しみの声殺到…

ペギー葉山・死去

歌手のペギー葉山さんが本日午前に、肺炎のため亡くなられました。10日に入院だったので、わずか2日で…。

心の準備もできないままのお別れだったのではないでしょうか。



スポンサーリンク

肺炎で入院後に…

歌手のペギー葉山さん。

今月4月10日に、肺炎の症状を訴え都内病院に入院していました。
ペギー葉山

しかし、12日の朝に容体が急変してしまったのです。

そして・・・
そのまま帰らぬ人となってしまいました。

83歳でしたが、現在ならまだまだ元気な人も多い年齢。
残念でなりません。

葬儀は近親者だけで行うようで、後日お別れの会を開くそうです。

テレビの世界でも活躍してきた、ペギー葉山さん。
その別れを惜しんでいる人は多くいるでしょう。

今年はスター俳優の渡瀬恒彦さん72歳という若さで病死…。
⇒ スター俳優・渡瀬恒彦さん病死。72歳の早さに言葉もない…

まだまだ活躍が見たかったという人は多かったと思います。

死は誰にでも平等に来るもの。
仕方がないことは分かっていますが、それでも残念でなりませんね…。

歌手生活65周年!

1952年に『ドミノ/火の接吻』でデビューした、ペギー葉山さん。
本名は、森シゲ子さん。

今までのレコーディング曲数は、なんと!!約2000

すごい数ですよね。
想像もつかないです。

1959年の「南国土佐を後にして」
1961年の「ドレミの歌」
1964年の「学生時代」
などがヒットし、知名度を上げていきました。

NHK紅白歌合戦にも14回出場!
今年が歌手生活65周年の節目の年だったのです。

歌手だけでなく、タレントしても活躍していました。

『ひらけ!ポンキッキ』のしつけコーナーや『ウルトラマンタロウ』のウルトラの母の人間体“緑のおばさん”などで、親しまれていたのです。

緑のおばさん

また、ブログもやっており3月30日に更新!

越路吹雪さん、37回忌を記念したイベントに出演して、『シャンソン』という曲を歌ったことを書き記していました。

きっと誰もが、ペギー葉山さん自身でさえ、今回のことは予想外だったのではないでしょうか…。

ご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク