パナマ文書の最新情報公開。日本の大手商社やあの大企業の名前も・・・

いま世界中が一番注目しているニュースをご存知でしょうか?

それはパナマ文書です。

 

実はシャレにならない世界規模の大スキャンダルですが、

本日、最新情報が公開され衝撃の事実が発覚しました。
日本の大手商社やあの大企業の名前も・・・


スポンサーリンク



パナマ文書とは?

Cfu4wfoUUAEmgHv

パナマにある法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した

顧客の機密文書です。

 

世界の大半の国では税金が課されますが

ごく一部の国では所得税や法人税がありません。

これらの国を「タックス・ヘイブン」と言います。

日本ではケイマン諸島が有名です。

 

そのため、会社や自分の財産を全部タックス・ヘイブンに移して

税金を払わずにいるということです。

 

 

このパナマ文書は世界各国の政府や富裕層がパナマを初めとした

タックス・ヘイブンを利用した金融取引で資産隠しや脱税を行った証拠が記載されているのです。

 

でも、脱税の問題って日本でもよくあると思いませんか?

住民税・消費税・法人税・・・など様々な種類がありますよね。

日本だけでなく、他の国でも同様に税金はあります。

しかし、どこにでもある問題と聞き流してはいけません。

 

実際はもっとタチが悪いです。

 


スポンサーリンク



パナマ文書の問題

7651081700_38a64532bf_o

 

タックス・ヘイブンを利用して税金を払わないことが出来ますので

それなら、会社や自分の財産を全部タックス・ヘイブンに移せば、

税金はかからないと言う事になります。

しかし、タックスヘイブンは小さな国で有る事が大半ですし、

そんな辺鄙なところで仕事が出来るわけもありませんから、

パナマなどのタックス・ヘイブンに資金をプールするためだけの

ペーパー会社を作り、そこに資金を送ると言う方法があります。

でも、そんな見え見えの手口を国税局などが見逃すはずはありません。

例えタックスヘイブンに資金を移しても、

しっかり所得や法人税は取られます。

そこで「全く関係ないように見せかけた会社や団体」を作って、

そこに送金することで、送金で無く関係ない会社への支出、

と言う事でタックスヘイブンに資金をプールさせます。

今回流出・公開されているのはそのペーパー会社を設立したり管理したりする「法律事務所」の「顧客情報」です。

この情報があると、「全く関係ないように見せかけた会社や団体」が実は誰のものか、と言う事がわかるので、脱税の証拠となります。

また、このようなペーパー会社に1度資金を移す事で、マネーロンダリングというものも出来ます。

これは日本語では資金洗浄と言います。

会社Aのお金を1度ペーパー会社に預けて、ペーパー会社から会社Bに移す事によって、

会社Bが会社Aからお金を貰っていると言う事実を隠すと言う手法です。

こちらの場合は、犯罪組織の収入や北朝鮮などの経済制裁されている国への送金などがあるので、これは脱税よりたちが悪いです。

パナマ文書というのは誰がタックス・ヘイブンに偽りの会社を作り、

税金逃れをしていたかが一目瞭然となります。

 

世界中の怪しいお金を集めることでそれをうまく利用しているということです。

 

要するにパナマ文書は、

それらの証拠を握るかなりヤバイ内部機密文書なのです。

 

パナマ文書の最新データベースが公開。

このパナマ文書には日本企業や日本人の名前がリストに掲載されています。

 

ソフトバンクのグループ会社や伊藤忠商事、丸紅などの名前を含んでおり、

実態が不透明なタックスヘイブンを日本企業が幅広く利用していることが明らかになりました。


スポンサーリンク



パナマ文書は本来納めるはずの税を

「合法的に、しかし道徳的・倫理的には大いに問題ありと疑われる方法で所得を隠すことにより」納めていなかった・・・・

ということわかる文書ってことになります。

 

持たざる者から見れば「ズルイ」という感情が強烈に沸くでしょうし、

所得を隠すことは犯罪とつながるケースも多いわけで、

その意味でも大問題でしょう。