原宿のカリスマ・ぺぇ整形で二重に?メイクとすっぴんの落差に衝撃注意

芸能


原宿のカリスマショップ店員・新世代おネエタレントのぺぇは整形しているのか?ぺぇがショップ店員として人気を集めた理由や、ぺぇのすっぴんとメイク後の違いについても検証していきたいと思います。

原宿のカリスマ・ぺぇが整形を告白?すっぴんとメイク後は?

ぺぇが自身のTwitterで目を整形したことを告白しました。この整形で元々一重まぶたのぺぇは、クッキリ二重になったようです。

…というのはぺぇ特有のジョークで、Twitterでもすぐに「です」と書き込み、「眠気がピークになると二重になる」ことを告白、共感の声も上がっています。

まってwwwwwwめっちゃわかるwwwwwwねっむい時とお風呂はいったとき二重になりやすい!一重の共感🙏🏻

引用元:Twitter

わかってるよー! いつも、可愛いぞよ💗🙌🐷😍😻

引用元:Twitter

ぺぇのすっぴんは一重?

ぺぇは、自身のインスタグラムですっぴんを公開しています。

@peey)さんの投稿

すっぴんは目も一重で男っぽいですが、メイク後は目もパッチリ二重で、美しい女性に変身していますね。男らしい上がり眉を髪で隠しているのも、女性らしく見えるポイントの1つでしょう。

整形ナシで一重瞼がクッキリ二重になるメイクの技術がスゴイですね。

ぺぇはすっぴんだと誰にも気づかれないようで、変装ならぬ逆変装…になってますね。まあ、普段が変装しているみたいなものですから…

@peey)さんの投稿

江ノ島のエスカー乗り場ですね。

@peey)さんの投稿

すっぴんで来られたら、例えもし電車で隣り合わせたとしても、気づかないでしょう。

ぺぇのメイク顔はIZAMに似ている?!!

ぺぇは、デビューしてからずっと似ていると言われ続けているIZAMと、「有吉反省会」で初共演を果たしました。

@peey)さんの投稿

このようなキャラはやっぱり似るのでしょうか?Twitterやインスタグラムでもかなり話題になりましたよね笑

ぺぇの原宿人気は辛口アンサー?

ぺぇは山形県の出身で、Twitterでアパレルショップ「WC」の情報を見て面接を受け、店員として働き始めました。それに伴い、2015年4月に上京しています。おそらくこのTweetを見たと思われます。

 

WC竹下通り店の場所はというと、原宿駅から竹下通りを50m位進んだ左側です。入店したてのぺえが、コーディネートを紹介してるTweetがこれです。

ぺぇがWC竹下通り店のショップ店員として人気を博した理由の1つとして、トーク力が上げられます。まず、お客様への対応が非常に良い!これは、AKBの握手人気と同じすね。対応が良ければ良いほど、人気は上がっていきますから…

ちなみにぺぇは、AKBのオーディションも受けたことがあるそうです。大学4年生の時に、AKB48のドキュメンタリー映画を観て、触発されたとか…もちろん落選しましたけど…だって、ぺぇは「男」ですから…

ぺぇは女装はしていますが、女性になりたいという願望はないそうです。そして、同性愛者であることをカミングアウトしていますので、「ぺぇは男性だけど女装していて、男性と付き合いたい」という、チョットややこしい感じになります。ジェンダーフリーですね。

ぺぇは好みのタイプに陸上のケンブリッジ飛鳥選手を挙げています。

話が脱線しましたが、ぺぇがWC竹下通り店のショップ店員として人気を博したもう1つの理由が、悩みに対する辛口アンサーです。 ぺぇがWC竹下通り店で店員を始めてから、ぺぇの出勤に合わせて来店するファンが増え、ぺぇに悩みを打ち明けるたりもするようになりました。その悩み相談に対する辛口アンサーで、ぺぇは「原宿の母」とも呼ばれています。

原宿の母というのは、ぺぇがあの有名な辛口占い師「新宿の母」の原宿版であるということですよね!韓国の占い師「魚ちゃん」もそうですが、悩みに対する辛口トークは常に人気がありますね!

トーク力を生かしNHKの番組にも出演!

ぺぇは、その類まれなるトーク力を生かし、NHK・Eテレで毎週木曜 午後7時25分~放送されている、「#ジューダイ」という番組にレギュラー出演しています。

この番組は、MCを務めるヒャダインとぺえが、全国各地のジューダイを訪ね、その本音を聞き出します。ぺぇにピッタリの番組ですね。更に月1回は、「生放送でお悩み相談」が行われています。ここでもぺぇの辛口アンサーが炸裂するのでしょうか?!!

@peey)さんの投稿

原宿のカリスマ店員ぺぇ整形疑惑は、ぺぇ流のジョークでした。すっぴんの時は男性のぺぇが、メイクにより美しい女性に見事変身します。
ぺぇのそのジェンダーフリーな生き方と有り余る才能で、これからも多くの人を勇気づけ、元気にし続けていってほしいなと思いました。